サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 言語・語学・辞典
  4. 翻訳家の書斎 〈想像力〉が働く仕事場

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

翻訳家の書斎 〈想像力〉が働く仕事場

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 研究社出版
  • サイズ:19cm/188p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-327-45126-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

翻訳家の書斎 〈想像力〉が働く仕事場

著者 宮脇 孝雄 (著)

翻訳家の書斎にはどんな道具がそろえてあるのか、誤訳はどう発生するか、それをどう防ぐのかといった翻訳の実際上のことがらから、明治時代以降の翻訳の先達の業績まで、ベテラン翻訳...

もっと見る

翻訳家の書斎 〈想像力〉が働く仕事場

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

翻訳家の書斎

1,296 (税込)

翻訳家の書斎

ポイント :12pt / 紙の本より540おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

翻訳家の書斎にはどんな道具がそろえてあるのか、誤訳はどう発生するか、それをどう防ぐのかといった翻訳の実際上のことがらから、明治時代以降の翻訳の先達の業績まで、ベテラン翻訳家の語る翻訳百科。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宮脇 孝雄

略歴
〈宮脇孝雄〉1954年高知県生まれ。早稲田大学政治経済学部在学中より翻訳を始める。現在、翻訳学校ユニカレッジ講師。著書に「書斎の旅人」「書斎の料理人」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

翻訳家の苦労を楽しく読む

2001/03/03 04:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平川哲生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、ベテラン翻訳家の宮脇孝雄氏が、雑誌で連載していたコラムをまとめた、翻訳時評・翻訳技術論集である。といっても、そんなに堅苦しい文章ではなく、トピックごとの短文に散りばめられたユーモアあふれる表現とさりげないジョークで、肩肘張らずに楽しく読み進めることができる。

 本書は、翻訳する際におちいりやすいミスなどを、氏の体験談からわかりやすく解説しているが、それ以外の面でも、多くの示唆に富んでいる。海外小説を翻訳するテクニックや失敗例は、日本人が日本語で小説を書く場合のそれと、言葉の使いかたを勉強するという意味で、なんらかわりないだろう。

 文中に英語(原文)の引用があるが、英語にくらい読者でも、日本語の丁寧な解説がついているので、安心して読むことができる。英語の勉強が嫌いな中学生あたりに読ませると、ひょっとしたら英語に興味を持つなど、効果があるかもしれない。

 さて、話題はかわるが、ある海外小説に十代の女性の化粧台の描写があり、そこには、化粧台のまわりにある小物の列挙があった。
(lipsticks,hair curlers,curling irons,hair rinses,artificial eyelashes...)
 何の気なしに訳せば、
(口紅,ヘア・カーラー,ヘア・アイロン,リンス,つけまつげ...)
 になるだろう。特に男性の訳者だったら、こう訳しても、別に疑問は抱かないかもしれない。しかし、ここにも誤訳の落とし穴が口をあけている。

 じゃあ具体的にどこが誤訳なのか? 答えは本書のP105〜106に載っているので、ぜひ読む前に、自分でこの一文の落とし穴を見つけてみてください。わからなかった人は本書を買って、目から鱗を落しましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/24 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/07 03:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

言語・語学・辞典 ランキング

言語・語学・辞典のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む