サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 言語・語学・辞典
  4. レポート・論文の書き方上級

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

レポート・論文の書き方上級
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:大学生・院生
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 慶応義塾大学出版会
  • サイズ:21cm/196p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:4-7664-0724-5
  • 国内送料無料

紙の本

レポート・論文の書き方上級

著者 桜井 雅夫 (著)

資料の集め方から論点の絞り方まで卒論をはじめとした学術論文の“ルール”を詳解。文献の引用方法では他に類を見ない豊富な実例を掲載する。文系大学生や大学院生、また留学志望者に...

もっと見る

レポート・論文の書き方上級

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

資料の集め方から論点の絞り方まで卒論をはじめとした学術論文の“ルール”を詳解。文献の引用方法では他に類を見ない豊富な実例を掲載する。文系大学生や大学院生、また留学志望者に好適なテキスト。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

桜井 雅夫

略歴
〈桜井雅夫〉1935年東京都生まれ。慶応義塾大学法学部卒業。現在、慶応義塾大学総合政策学部、法学部教授。国際経済法専攻。著書に「国際経済法」「国際開発協力法」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

他者の目にさらされて強くあるために

2002/09/08 11:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Xdriver - この投稿者のレビュー一覧を見る

 論文の本質はいったい何かと問われたら私は「大部分のパクリと少々のオリジナルだ」と答えることにしている。最近の風潮として独自色ばかりに目を向ける傾向があるが、先人の知恵を無視して完全にオリジナルの論文を書きあげた人などほとんどいない。

 その例が論文の最後にある参考文献の多さだ。この文は誰々のなんと言うものから引用した、参考にしたということが書き連ねてある(書かないと単なる盗作になってしまう)。
 
 この本はいわゆる論文のためのマニュアル本であり、文献引用に対する実例をこれでもかとばかりに挙げている。マニュアルが単なるスローガンで終わっている本とはこの点で大きく違っている。技術を実際に身に付けるには実践あるのみといった考え方が慶応大学の現実主義的な考えをあらわしているようで面白い。

 社会のIT化によって知的所有権の拡充が叫ばれている現代で、引用の技術の重要性が増していることを考えれば非常に有用な本であろう。しかし、いかんせん上級と銘打ってあるだけあり、初めて論文を書きたいと考える人にはオススメできない。そこから一歩先に進んで、自分の論文を多くの人の目にさらされても穴の無い堅牢なものにしたい人には有効な一冊になるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文献引用ルールにこだわったテキスト

2000/12/17 11:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dakara - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『レポート・論文の書き方』というタイトルはどこにでもありそうなものですが、「上級」とあるように、普通の「論文作法」の本とは変わっています。
 変わっている、というのは、本書が文献引用をどのように行えばいいのかということにひたすらこだわっていることです。豊富な例をあげています。もちろん、論文の表現の仕方や図書館の使い方にも軽く触れていますが、そのあたりは、ほとんどページが割かれていません。
 そういう意味では、やはり「上級」なだけあって、卒論レベルでは、役に立たないでしょう。
 しかし、修士論文、博士論文など、引用する量やパターンが増えるにつれて、役に立ちそうです。したがって、学部学生よりは院生向けのテキストといえるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/05 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本語 ランキング

日本語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む