サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

既死感 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/324p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-791309-X
  • 国内送料無料

紙の本

既死感 下

著者 キャスリーン・レイクス (著),山本 やよい (訳)

次々と発見される女性白骨死体。テンペは犠牲者が増えるのをくい止めようと、忍び寄る影を背に、孤独な闘いに挑む。女性法人類学者が自らの専門を存分に活かして描いた力作。【「TR...

もっと見る

既死感 下

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

次々と発見される女性白骨死体。テンペは犠牲者が増えるのをくい止めようと、忍び寄る影を背に、孤独な闘いに挑む。女性法人類学者が自らの専門を存分に活かして描いた力作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

キャスリーン・レイクス

略歴
〈レイクス〉シカゴ生まれ。法人類学者。ノース・カロライナ大学教授。また、ノース・カロライナ州とカナダのケベックで骨鑑定の専門家としても活躍している。本書はデビュー作。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

コレクターズアイテム

2017/05/10 21:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:★綺羅梨☆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私はアメリカのドラマボーンズシリーズの大ファンなのでその脚本家さんが書いた作品だったので購入しました。
他のサイトのレビューを見ると辛辣な意見が多かったのでとりあえず二冊しか買いませんでした、読んでみるととんでもない、凄く面白かったです。
臨場感、緊迫感をドラマティックに表現されていてよかったです。
次の作品もネットで調べて買おうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

だからなのか……。

2002/02/12 14:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:湶  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 上巻を読んでタイトルがなぜ「既に死んでいる感じ」なのかわからなかったけれど、下巻を読んでみると……。
 ラストは犯人と直接、主人公テンペランスが対決するのだが犯人はたくさんの女性を殺めてきている凶悪犯。その上、異常な衝動をもっている。女性医師テンペランスの身は、果たして無事なのだろうか。
 この直接対決がこのタイトルの意味を象徴している。あんなことを自分が実際にやってみたら、確かに死んだような気になりそうだ。この話はフィクションなのだが、リアリティがあるのは筆者の細かい描写があるからだ。怖いくらい、情景が目に浮かぶ。筆者は実際に法人類学者で、主人公のテンペランスと同等の知識を持つ人物だ。なのでなおさら臨場感が増すのかもしれない。
 凶悪犯の異常心理と、女医が犯人を追いつめる方法が面白く読めた作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む