サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

藍色回廊殺人事件
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/364p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-209404-5
  • 国内送料無料

紙の本

藍色回廊殺人事件 (浅見光彦シリーズ)

著者 内田 康夫 (著)

四国のシンボル・吉野川がいま死のうとしている…。浅見光彦が徳島で出会ったのは、河口堰に反対する人々の悲痛な叫びであった。吉野川を遡るようにして辿り着いた12年前の殺人事件...

もっと見る

藍色回廊殺人事件 (浅見光彦シリーズ)

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

四国のシンボル・吉野川がいま死のうとしている…。浅見光彦が徳島で出会ったのは、河口堰に反対する人々の悲痛な叫びであった。吉野川を遡るようにして辿り着いた12年前の殺人事件。その恐るべき真相とは?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

内田 康夫

略歴
〈内田康夫〉1934年東京都生まれ。東洋大学文学部卒業。80年「死者の木霊」で作家デビュー。著書に「赤い雲伝説殺人事件」「高千穂伝説殺人事件」「天河伝説殺人事件」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

しんみりと物悲しく幕を落としていた。

2002/07/16 14:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みんみん - この投稿者のレビュー一覧を見る

徳島を取材している最中に浅見光彦は、12年前に起きた転落事故を装った殺人事件がまだ、解決していないことを知り、真相を調べ始める。
可動関堰問題をめぐり賛成派や反対派の意見など、とても緻密に書かれていたので、わかりやすくリアリティーがあった。四宮記者など浅見の推理に感心して協力する人々が生き生きと書かれていてストーリを盛り上げていた。あと、今回の最後はしんみりと物悲しく幕を落としていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/07/23 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/02 06:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/14 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る