サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

幽鬼犬(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:16cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-890999-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

幽鬼犬 (徳間文庫)

著者 西村 寿行 (著)

幽鬼犬 (徳間文庫)

535(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

世にも不幸な男の物語 5-68
始祖鶏物語 69-180
幽鬼犬 181-247

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ちょいファン

2007/05/13 00:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

奇妙な味とでも言えそうな中編3作。
「始祖鶏物語」人工的に作り出したという未確認のニワトリの祖先、始祖鳥ならぬ始祖鶏、黒鶏を巡ってどこまでも膨らむドタバマ騒動劇。設定自体SF的でもあり、すぐにも実現できそうでもあり、微妙なところ。その黒鶏を偶然目撃してしまう、動物学で博士号を目指す研究者。そもそも、なぜ鶏なのか。研究者の執念の延長上にあるべき幻想ということなのだろうか。その執念とは作者の思い入れと等価なはずだ。どういうシチュエーションで目にしたのか分からないが、そこには地を駈け空を奔る力強さへの憧憬があるように思える。鷲や狼だけでなく、あらゆる生き物から感動を受け取っている感性に虚を突かれる。
「幽鬼犬」警察庁特別処理係・徳田左近もの。徳田の自宅の庭に居着いた鳩が、ある日何者かに足を切り取られている。そこに異常な精神を見る。動物との関わりに傷ついて訪ねた多摩山中で殺された猟犬を発見し、再度神経を刺激される。徳田は、異様な出来事の背後にある精神を読み取り、そこからの世界の広がりを幻視する。そしてその「勘」は当たる。今でこそその手のプロファイリングはありきたり(かつ的外れ)であるが、これを90年代に着想していた。徳田は特殊な能力を持つことは認められている。動物に対して尋常でない感受性を持ち、勤務中に酒を飲むことを黙認され、彼が動けば刑事がフォローに張り付く。その異能者の真似を僕らができるわけもなく、しかし感嘆するばかりでいいのか悩む、その不安さがが残る。
「世にも不幸な男の物語」本当に悲惨な境遇に陥った男で、散々な目に逢った上にに自身も癌に犯されて、余命幾許もない身となる。死に向かう旅路でそこを狙われて、悪時に利用され、これも奇妙な道筋を辿る。
全体にファンタスティックと言えるかどうかの線上にある。それすなわち近い未来に必ず起きるということ=リアルだ。文庫カバーに「ハードロマン集」となっているのも誤解を招きそうで、普通にサスペンス小説、あるいは超サスペンスでもといったところかもしれない。不思議に軽い、人物達は深刻な事態にも達観がある。極限状況を潜り抜けた人々にはその明るさが持てるのだろうか。それは強靭さの現われなのだろうかとも思うのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/18 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る