サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

この闇と光
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/260p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-873137-8
  • 国内送料無料

紙の本

この闇と光

著者 服部 まゆみ (著)

森の奥の別荘に幽閉されている盲目の姫・レイア。彼女が13歳になった時、それまで信じてきた世界は全て崩れ去った。魅惑的な謎と優美な幻影とが折り重なる本格ミステリー。【「TR...

もっと見る

この闇と光

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

森の奥の別荘に幽閉されている盲目の姫・レイア。彼女が13歳になった時、それまで信じてきた世界は全て崩れ去った。魅惑的な謎と優美な幻影とが折り重なる本格ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

服部 まゆみ

略歴
〈服部まゆみ〉1948年東京都生まれ。著書に「時のアラベスク」「罪深き緑の夏」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

物語のうねり

2001/04/30 18:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みか - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なんか読み方失敗した。
 すごく驚けるってきいてたんで、読みながら随分警戒してて、すなおに物語に入り込めませんでした。そうすると、怪しいところが結局思ったとおりの展開になったり、×が×なんて手がかりないだろーとか釈然としなかったりで、随分損だったなと思います。
 読みながらいろいろ考えてて疲れました。素直に、耽美とも評される世界と物語に没頭するのがよいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そういえばミステリ

2001/05/29 04:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:春都 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ある事故によって視力を失ってしまったレイア。革命によって自由を奪われた1国の王女として育てられたレイアは、小さなころから身の回りの世話をするダフネに「死ねばいいのに」と言われつづけていた。その一方で父親の溺愛を受け、多くの書物・音楽に惹かれる。
 やがて「暴動」が起き、レイアは「病院」に連れていかれるのだが、そこには「父と母を名のる人たち」が待っていた。

 対極の位置にある「闇」と「光」を同時に持つというアブラクサスの神。この作品で目指したテーマはそれの具現化である、と言っていいだろう。
 盲目のレイアが感じる世界は闇から光へ、そしてまた闇となったあと、ラストにいたって「闇であり光でもある」世界へと変わってしまう。読者は「どちらを選択するか」ではなく「どちらも受け入れなくてはならない」のである。

 作中作のように語られていた章もあるのだが、それも同様に「虚構と現実」を同時に持っていることが、読了してはじめてわかった。ねらいを結実させえた技術はたいしたものだ。

 その一方で「レイアの成長」というのも、作品の見どころだろう。「厳選された情報」によって、どういった知識を獲得していき、人格に影響をおよぼすのか。目が見えないという制約の中で、かすかな記憶をたよりに文字をおぼえ様々な概念を体得していく1人の子供。

 いわば「成長の記録」をレイアの視点で追体験していくのは、当たり前と思って忘れていた「スリル・驚き」を読者に与えるに違いない。それによる新たな発見もあるだろう。

 この大きな(スケール云々ではなく)トリックには恐れいった。あとから読み返してみれば至るところに伏線が張ってあるのだが、文体と雰囲気にミステリであることを「忘れさせられてしまった」ため、真相の驚き・落差にこれ以上ないほどのカタルシスを感じ、楽しくなってしまった。良い。

 「犯人」の動機とかはかなり不自然なのだが、「虚構・創作」の中で書かれているためにツッコミを逃れることも可能となっている。だから言及しない。

 僕のこれまで持っていた服部まゆみ氏の印象をくつがえすような、とてもやわらかい感触の作品だ。もちろんそれだけで終わりはしないのもまた服部まゆみなのだろうが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

レイア

2001/06/16 08:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公は、目の見えないレイア。レイアの国は戦争に負けたらしく、レイアは大好きな父親と、怖い怖いダフネと一緒に、どこかに閉じ込められているらしい……。
 一番の山場は、この第一章から第二章へと続くところだろう。それ以後はミステリーとしてはありきたりな解決になってしまい、それ以上の盛り上がりがない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

闇と光──二つを完璧に描き分けた傑作小説。

2002/04/28 00:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凛珠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は「小説」である。当たり前ではあるが。この本は、小説という形態でしか出来ないことを行っている。それに気づいたとき、私は夢から醒めるような感動を覚えた。ストーリーは耽美的なので少女が好みそうだが、勿論、子供騙しではない。服部まゆみ氏は寡作だが、質の好い作品を生み出してくれる。もっと沢山書いてくれれば嬉しいのだが……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

レイアの変化に引き込まれて行くでしょう

2002/05/23 23:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

視力を失ったレイア、やさしい父、意地悪な召使いダフネの
特に普通の小説のようですが、大きなからくりが潜んでいる
ミステリーです。
柔らかな雰囲気に気持ちよく読んでいるといつの間にか
早い展開にはまっていきます。
最後に「やられたー!!」って感じで、
不思議な充足感と笑みがあふれ出してきます。
評判の良さや情報が多い分、前知識が増えてしまいましたが、
その期待を裏切らない展開と雰囲気を持っていて
のめり込むことができました。
何度も読み返したくなる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/03/28 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/17 18:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/21 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/30 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/30 15:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/02 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/11 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/24 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/30 09:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/13 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る