サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ビッグ・ノーウェア 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ビッグ・ノーウェア 上(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/387p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-721850-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ビッグ・ノーウェア 上 (文春文庫)

著者 ジェイムズ・エルロイ (著),二宮 磬 (訳)

ビッグ・ノーウェア 上 (文春文庫)

679(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

ビッグ・ノーウェア(上)

670 (税込)

ビッグ・ノーウェア(上)

ポイント :6pt / 紙の本より9おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店吉祥寺店

求む!重版。 『ア...

ジュンク堂書店吉祥寺店さん

求む!重版。
『アンダーワールドUSA』に連なる殺人と陰謀の大河のはじまり
が、ここにはある。
そして物語後半では、シリーズ最悪の衝撃が待っているだろう。
『ブラック・ダリア』や脇のストーリーを含めた、LAサーガ
ともいうべきエルロイの大いなる暗黒の一角を占めるこの傑作
の、一刻も早い復刊を望む。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

エルロイの<暗黒のLA四部作>

2002/06/08 17:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宇羅道彦 - この投稿者のレビュー一覧を見る


 
 ユダヤ人をスラムから救い出すことはできても、
 やつらの体内からスラムを締め出すことはできんのさ。
             「THE・BIG NOWHERE」James Ellroy

エルロイの<暗黒のLA四部作>のなかの「ビッグ・ノーウェア」の一節。

ユダヤ人を、被差別部落、在日、風俗、極道、などなどに置き換えると、
一気にリアリティを持った表現になる。

差別する側の論理を見事にひと言で述べた一節である。

今世紀(20C)最高の犯罪小説と謳われる作品だが、
それは単に血まみれのグロテクスな悪党を扱っているからではない。
ありのままの、もうひとつの米国を描くその力は、
思いもほか透徹した視点に支えられているのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

登場人物が多い…

2002/07/28 15:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

ようやく「暗黒のLA四部作」2作目!
例によってなのですが、登場人物が多い!
エルロイ作品を、読み続けていると
わりと馴染みやすいのですが、いきなり読むと、
まず人間関係の把握に苦労するかも知れません。

今回はレッドパージが吹き荒れるハリウッドを舞台にして、
「赤狩り」潜入捜査と、連続異常殺人事件が並行して進みます。
上巻では、メインとなる3人の警官たちの状況の説明が主です。
それにエルロイ作品ではお馴染みの、伝説的な刑事「ダドリー・
スミス」や、政治的野心溢れる「エリス・ロウ」などがわきを
固め、そこに映画業界&労働組合&ギャングたちの、それぞれの
思惑がからみ合い…と言った感じで、ストーリーは進みます。

アメリカの警察機構が良く分からないのですが、保安官事務所、
市警、検事局などの、権力争い的な側面もあるので、ちょっと
予備知識があった方が、スムーズに理解出来ると思います。
上巻では、連続殺人の手がかりをようやくつかみ、いよいよ
潜入捜査が始まると言う所で、話が終わるので、下巻の展開が
楽しみなのです♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/12/26 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/15 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/12 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/21 02:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る