サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エゴイストの恋(ショコラノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 心交社
  • レーベル: ショコラノベルス
  • サイズ:18cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88302-371-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

エゴイストの恋 (ショコラノベルス)

著者 火崎 勇 (著)

美大時代、遊びの関係を持った後輩の佐原を本気で愛してしまったと気付いた中井は、卒業を期に佐原の前から姿を消した。数年後、デザイン会社に勤める中井は、新進のイラストレーター...

もっと見る

エゴイストの恋 (ショコラノベルス)

905(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

エゴイストの恋

918 (税込)

エゴイストの恋

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

美大時代、遊びの関係を持った後輩の佐原を本気で愛してしまったと気付いた中井は、卒業を期に佐原の前から姿を消した。数年後、デザイン会社に勤める中井は、新進のイラストレーターとなった佐原と再会する。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

庶民的エゴイズム

2002/06/22 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:渡次 慶 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自他共に認めるエゴイスト・中井。
人に好かれるのは嬉しいが、自分が誰かを好きになるなんてとんでもない。
求めて拒否されるくらいなら、最初から逃げてしまえばいい…。
そんな彼の視点から描かれているので、どっちが恋愛の主導権を握るか?という微妙〜な駆け引き(しかも中井の一人相撲)が延々と描かれている作品。
だからひたすら、グルグルエゴエゴな独白が続く…。
心理・感情描写はさすが火崎先生、上手に書かれていますが、全体的にはちょっと地味な印象になってしまいました。

中井のエゴさ加減は、個人的には気にならなかった。むしろ「何となくわかる」と思ったり…(爆)
恋愛に溺れることで自由を失う、自分自身を失ってしまう…と不安になるところとか。自分を忘れるほど人を好きになるっていうのは結構、怖いんじゃないのかなぁと思うので。
そしてグルグルグルグルすることで、結果、佐原も江角も振りまわし「やっぱり自分の好きなように生きるぜ」と改めて思う中井。
いや、うん、嫌いじゃないです(笑)
そういうのもいいんじゃない?と。近くにはいてほしくないですけど(笑)

引いた視点から見れば中井だって、仕事もある程度こなす見た目も良いスマートな男。
しかし、そんな奴さえ頭を覗けば、こんなどうしようもないこと(爆)で色々悩んでいる一庶民。
こういうどこか普通っぽい、庶民的な感じが火崎先生らしくて、いいですね。
他作家の様に極端に特徴付けたりせずあくまで日常、私たちの感情に近いところにキャラがいる。
だから少し地味めでも「わかるなぁ」と読者に思わせ、惹きつけるのでしょう。そう思います。

振りまわされた江角は憐れだし「そんなあんたが好きだ」と言っちゃう佐原はかなり割れ鍋綴じ蓋だけど(笑)、嫌いになれません。頑張れよこれからも!と言ってやりたい(笑)

人の感情の矛盾、そこからちょっと踏み出してみる気持ち。そんな話を求める方にはオススメの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ボーイズラブ小説 ランキング

ボーイズラブ小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む