サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天空の蜂(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 626件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1998/11/13
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/632p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-263914-9
文庫

紙の本

天空の蜂 (講談社文庫)

著者 東野 圭吾 (著)

奪取された超大型特殊ヘリコプターには爆薬が満載されていた。無人操縦でホバリングしているのは、稼働中の原子力発電所の真上。日本国民すべてを人質にしたテロリストの脅迫に対し、...

もっと見る

天空の蜂 (講談社文庫)

税込 935 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

奪取された超大型特殊ヘリコプターには爆薬が満載されていた。無人操縦でホバリングしているのは、稼働中の原子力発電所の真上。日本国民すべてを人質にしたテロリストの脅迫に対し、政府が下した非情の決断とは。そしてヘリの燃料が尽きるとき……。驚愕のクライシス、圧倒的な緊追感で魅了する傑作サスペンス。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー626件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

総合的に考えたら、名作。

2015/08/31 15:33

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えにぐま - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品の最も素晴らしい点は、震災以前に書かれたことである。

「事故」以前の原発に対する日本人の感覚や境遇を、様々な登場人物を通しバイアス無く記している。
しかし以前の感覚を失ったのは読者にも言えることだ。
例えば、原発の安全を訴える人物と危険を訴える人物、蓋然性で考え、安全神話側がより説得力を持つように思える読者の方が多数派だったはずだ。
原発反対派がその危険性を訴えても、真には迫らない。
しかし現実に「事故」は起こった。
これはフィクションの科学的アプローチが現実の壁を崩してしまったということでもある。
つまり、現実の方が作品をある部分で踏襲してしまったことによって、
作者すら確信を持って意図した訳ではないメタ的で圧倒的なテーゼが読者の心に迫るのである。
この説得力は震災以後に記されたものでは得難いものだと思う。
作者は、それに更に幾層ものテーマを重ねてエンタテインメントとして結実させている。
しかしそれ故に正当な評価を得られにくいかも知れないが、後世に残すべき作品であると思う。

読む側は、これが震災以前に書かれたものであることを確と認識し、
自身の以前の価値観ともう一度向き合うべきだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天空の蜂

2015/08/19 23:27

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yasu - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画かされて注目されているが、これが書かれたのは20年ほど前なのはとても信じられない。この着眼点は奇跡です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み終わった満足感はハンパない

2015/08/14 00:44

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kyoky - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野さんの著書は、好きなので多く読んでいますが、これは特に素晴らしかったです。
エンタティメント性の優れたこの作品は、読み終わった時の満足感はハンパないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とにかくすごい!

2013/08/16 12:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tacque - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまから15年も前に、今の時代をよそくするような作品として、今の私たちへ問いかけてくるような作品でした。
小説としてだけでなく、私たち読者へ議題を投げかけてくるような論文のような印象もうけ、とにかくすごいの一言です!

ボリュームがとても多いので読むのに時間がかかるかもしれませんが、一気によみきってしまえるぐらいの引き込まれ具合。

東野圭吾さんの世界が徐々に変わり始めている印象を受けました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

濃密な一日

2019/10/06 11:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

すっごく濃い内容が詰まっていますが、読み終えたら、本の中の時間は一日経っていない。
終わり近くまでは、関係する会社の人間、警察、自衛隊、自治体などすごい人数の人間が出てくるし、技術的な話は多いし、混乱しますが、見事に伏線が回収され、そして東日本大震災後の今、改めて考えさせられることの多い内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原発の問題はこのときから…

2019/09/26 10:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり前の作品ですが、つい最近読破。かなりの長編なのに一気読みしました。東野さんの心を解析したいという気持ちもありますが、それ以上にただの反原発でなく、未来を据えた作品である事に感銘。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みごたえたっぷり。

2018/12/24 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:優乃 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても興味深く面白く、途中で読むのを止めるのが大変だった。
それほどに読み応えのある本です!
さすが東野さん、すごい才能だなぁと尊敬します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごくスケールの大きな作品である

2018/08/21 19:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごくスケールの大きな作品である。なにしろ犯人は国を相手に脅迫するのである。原発がテーマになっている。まだ、東日本大震災の福島原発事故が起きる前の作品だから予見性もあったと思う。ひとつだけ残念なのは解説者の真保裕一という人が東野圭吾の他の作品のネタばらしをしていることだ。それは反則でしょう。「どちらかが彼女を殺した」を読んでいない人はこの解説を読んではいけない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原発の真の問題を考えさせられる

2017/01/15 18:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ともきっき - この投稿者のレビュー一覧を見る

息をのむようなストーリーの展開、関係する組織のリアルな描写、読み応えのある一冊でした。原発のリスクという問題について、単なる感情論ではなく、いろいろな角度から深く考えさせられる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たった1日の600ページ

2016/05/03 23:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スミレ - この投稿者のレビュー一覧を見る

原発を舞台とした、たった1日の出来事がこの600ページに書かれています。
福島での原発事故を予期したような内容に感服。
子供の救出シーンはハラハラしました。
現実問題となってしまった今、「面白かった」という言葉では片付けることが出来ませんが、読んで良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

先見性

2016/04/10 06:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぷうら - この投稿者のレビュー一覧を見る

原発へのテロの話。作者の原発に対する知識の豊富さに驚いた。それよりも驚くのは福島の原発事故よりも10数年前に書かれた小説であるということ。原発に対する不安が見事に描かれていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これが20年前の作品とは…

2016/03/11 13:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

原作を読み、映画も観て、今回の作品再読しました。
改めて20年前に書かれた作品とは思えません。
技術的な描写が多少難しかったかもしれないですか、東北の震災当時にメディアで原発の仕組み等テレビで嫌という程解説していたので、本書に書かれていることも、理解できました。
東野圭吾さんが懸念さしていた事が実際に起こったという事ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

重い

2015/12/19 16:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mugi - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んで行くうちに、原発の事を無関心ではいられなくなります。登場人物の心の動きの描写も切なく伝わりました。
 自分達の生活を振り返リ、重いけれどもじっくりと読める内容だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

先見の明か

2015/11/21 17:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゃっく - この投稿者のレビュー一覧を見る

3.11以降論争激しい原子力発電の問題。
3.11以前にこの本はその問題を具体化していた。

恐るべき東野圭吾の先見の明である。
発売当時はまったく話題にならなかったという本作は長い時を経て、環境が追いつき、人々の関心がおいつき、いま、力を発揮する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気読みしました

2015/09/25 12:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もちっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

先般の東日本大震災が発生するよりもさらに前にこの話ができていたことを知り、自分は震災が起きてはじめて原発の恐ろしさを知ったので、著者の着眼点に非常に驚かされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します講談社文庫 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。