サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

皇帝たちの中国
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:20cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-562-03148-4
  • 国内送料無料

紙の本

皇帝たちの中国

著者 岡田 英弘 (著)

中国の歴史を理解するのに、「国家」という概念ほど邪魔なものはない。中国にはまず「皇帝」がおり、皇帝が事業を営む範囲が「天下」であった。皇帝たちの人物像を前面に押し出した、...

もっと見る

皇帝たちの中国

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中国の歴史を理解するのに、「国家」という概念ほど邪魔なものはない。中国にはまず「皇帝」がおり、皇帝が事業を営む範囲が「天下」であった。皇帝たちの人物像を前面に押し出した、異色の中国史。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岡田 英弘

略歴
〈岡田英弘〉1931年東京都生まれ。東京大学大学院修了。現在、常磐大学教授、東京外国語大学名誉教授。著書に「倭国の時代」「世界史の誕生」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読んで損はない

2001/05/30 18:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まえがきにおいて著者の岡田氏は、講演録をもとにこの本を書き起こした、とことわっておられるが、この手の本の典型的な欠点が現れてしまっているようだ。

 まず第一に、断片的な文章がかなり多い。魅力的なスピーチでも、文章に直すと味が失われやすい。聴衆の興味をひきつけるためにした脱線話も、本の中で頻発すると、だらだらとした印象を与えてしまう。もう少し余計な贅肉を切り落とせば、しまりのある本になったのではないだろうか。
 第二に、不特定多数の聴衆を相手にしているためか、取り上げられた五人の皇帝(漢の武帝、唐の李世民、元のフビライ、明の洪武帝、清の康熙帝)があまりにもあたりまえの人選に思える。皇帝の権力に関して本を書く場合、歴史家でなくても、この五人を選ぶのではないだろうか。せっかくなのだから、できればあっとおどろくような皇帝を選んでほしかった。

 しかし、これらのマイナスの要素を差し引いても、この本は面白い。なぜかというと、作者が歴史をみる目を備え持っているからだろう。本は五章から構成され、一つの章で一つのテーマ、一人の皇帝を扱う。第一章では、ローマと中国の皇帝の性質の違いを説き、中国の皇帝を資本家と規定する。第二章では、遊牧侵略民族のうち立てた帝国について述べる。第三章は、領土と中華思想の関係への疑問を投げかけ、第四章は、中国皇帝の正統性について考えさせる。最終章では、現在につながる中国の領土問題、中華思想、そしてわれわれの持つ誤解について述べている。今まで中国史について理解しにくかった点に対して、なるほどと思わせる。論旨がおもしろい。題材がおもしろい。現在の中国を理解するのにも役立つ。読んで損はない本だと思う、岡田氏の他の著作も読む気にさせられた。

 ただし、まったく不必要な挿話などが多いため、僕はかなりの部分を飛ばし読みしてしまった。雑学的な中国知識を手に入れるためなら全部読んでもかまわない。しかし、誤解を恐れずに極端な事を言えば、論旨を理解するためだけなら、各章の最初の20-30ページだけでも充分のように思える。構成の点での改善を願いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アジア史 ランキング

アジア史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む