サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

結晶星団(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/562p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-466-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

結晶星団 (ハルキ文庫)

著者 小松 左京 (著)

【星雲賞日本短編部門(第4回)】【「TRC MARC」の商品解説】

結晶星団 (ハルキ文庫)

1,028(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

結晶星団 5-120
星殺し 121-172
飢えた宇宙 173-206

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/11/23 20:35

投稿元:ブクログ

目くるめく、というのが正にふさわしい話ばかり。見てたものが突如ぐるっと反転したりずらされたり、あるいは引いたりズームしたりして、くらくらする。
小松さんの作品って完全にイメージ、映像なんだわ。
ここに収録されてるの、どれも好きでした。
風景のうつくしさや、異星生物の愛らしさが大好き。

2012/01/10 21:06

投稿元:ブクログ

ハルキ文庫からはたくさんの小松左京短編集が発刊されていますが、この「結晶星団」は数ある小松短編SFの中でも宇宙を舞台にしたものを集めた作品集。70〜80年代のパワー漲っていた頃の作品ばかりで、良く言えば瑞々しい、悪く言えば青臭いとも言える独特の世界観を包含した小松ワールドが繰り広げられています。この独特の「若さ」って、良くも悪くも初期の小松作品最大の特徴ですよね。
何分にも初期の作品が中心なので、小説として熟れていないものも正直ありますし、飛び道具系の反則オチもあったりしますヽ( ´ー`)ノ「飢えた宇宙」のオチは反則でしょヽ( ´ー`)ノ。表題作「結晶星団」も、”理性や科学では割り切れない原初的なパワー”をSFとして描くことに挑戦したアグレッシブなストーリーで、鴨的には「ゴルディアスの結び目」と同様のケイオティックな凄みを感じましたね。

何よりも印象的なのは、「結晶星団」「神への長い道」「氷の下の暗い顔」等の作品に共通してみられる、滅びゆく文明を描く筆致の美しさ。宵闇の中で忘れられた恋歌を奏でる物静かな原住民族・・・幾何学的に設計された未来都市の道の果てに屹立する、宇宙への知を集積した壮麗な神殿・・・地殻変動が末期を迎えなだらかな平原だけが荒漠と広がる惑星の地上に唯一残った、天を衝く巨木・・・そんな滅びゆく文明に限りない敬意と憧憬を抱きつつ、成すすべもなく立ち尽くすだけの地球人類。とても静かで、そして温かみのある、不思議と心に残る「滅びの風景」が目の前に広がります。
「滅び」を描くSF作家と言えば鴨的にはJ・G・バラードですが、バラードの筆致はもっと冷たくエッジが利いています。小松左京の「滅び」の風景は、バラードほどエッジィではないしSFとして詰めが甘い部分もあるけれど、それを補って余りある人間性を感じます。やっぱり、東洋のSFだから、なんでしょうかねぇ。SFから見る比較文化論って、面白いかもしれない(-_☆きらーん