サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アンネ・フランクの記憶(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-341003-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アンネ・フランクの記憶 (角川文庫)

著者 小川 洋子 (著)

アンネ・フランクの記憶 (角川文庫)

605(税込)

アンネ・フランクの記憶

562 (税込)

アンネ・フランクの記憶

ポイント :5pt / 紙の本より43おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー37件

みんなの評価3.9

評価内訳

電子書籍

アンネ・フランクの記憶

2015/09/30 22:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やんばるクイナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小川洋子さんの文体を通して、実際に起こった忌まわしい記憶を追体験しましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小川洋子氏の原風景

2008/12/21 14:50

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菜摘 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小川洋子の原風景は「アンネの日記」にあると言う。そう自覚し明言できる小川氏が本当に羨ましい。人生で起こる素晴らしいことのうちの1つが「これが自分の本」だと言える本との出会いだとつくづく感じているからだ。

小川氏は十代の頃アンネの日記を繰り返し読みアンネを誰よりも身近に感じてきたと言う。アンネの綴った言葉で表現されている「文章で、言葉で自分の想いを伝えたい」という彼女の強い意志が小川氏を小説家にしたのだと氏は言っている。自身の原風景である本書の背景を探るため小川氏はコーディネーターと一緒にアンネを訪ねる旅に出る、本書はそのドキュメンタリー記録である。

アンネの足跡をたどることでアンネが単に歴史上の人物ではなく現実に生きた1人の少女であったこと。フランクフルトに生まれアムステルダムに育ち、そしてアウシュビッツで生涯を終えた事実。これを小川氏自身が実感し感じたままを伝えようとする真摯な想いが伝わってくる一冊。

アンネを直接知るミープやヨーピーとの出会い、面会、そこで得られた2人の人柄が小川氏の目を通じて私達読者にも深い感動を与えてくれる。知識として知っていたはずのアウシュビッツも小川氏の目を通じて読むとありありと情景が浮かぶようで恐ろしさを近くに感じた。

歴史とは単に史料に記録されたものでは決してなく、私達と同じく日々を生きていた人々が紡いできた日々の積み重ねなのだ、ということを深く感じさせてくれる一冊。中高生のYA世代にも、もちろん大人の方にもぜひ薦めたい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/12/15 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/07 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/22 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/06 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/10 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/31 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/02 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/18 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/18 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/18 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/07 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/25 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/12 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る