サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シンポジウム
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:20cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-83177-0
  • 国内送料無料

紙の本

シンポジウム

著者 ミュリエル・スパーク (著),正岡 雅子 (訳)

おしゃれで知的なスノッブたちが集うパーティーの進行を軸に、草深い地方の闇に根ざす殺人と都会の軽薄な殺人が縒り合わされてゆく。だれ一人まともでなく、根っからの悪人でもない。...

もっと見る

シンポジウム

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

おしゃれで知的なスノッブたちが集うパーティーの進行を軸に、草深い地方の闇に根ざす殺人と都会の軽薄な殺人が縒り合わされてゆく。だれ一人まともでなく、根っからの悪人でもない。現代英国を代表する作家の最近作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ミュリエル・スパーク

略歴
〈スパーク〉1918年イギリス生まれ。現代イギリスを代表する作家。著書に「死を忘れるな」「ポートベロー通り」「運転席」「立去れ鳥」ほかがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

呪われた女

2006/08/24 15:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松井高志 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 イギリスの女流作家・ミュリエル・スパークの中編小説。1990年に原著が出版されており、この邦訳は98年初版である。
 実は、スパーク(別の短編集の訳者によると美人なのだそうだ)の作品は短編しか今まで読んだことがなかった(岩波文庫の「20世紀イギリス短編選・下」所収の「豪華な置時計」は、ほどよく現実から逸脱していて面白いと思う)。瑣末なことがらを手堅く綴って無難な筋にまとめるような人でないことは分かっているが、時間進行がとっちらかっていたり、妄想と現実がごっちゃになっている「ゲンダイブンガク」だったら今の自分には荷が勝ち過ぎていて嫌だなぁ、と、買ってはみたものの長くツンドク状態だった本なのである。
 長らく放っておくのも可哀想なので読み始めてみたわけだが、この話は筋だけいえばサスペンス劇場である。「シンポジウム」とは「饗宴」のことであり、このタイトルにはさまざまな象徴の働きが感じられるが、それを詮索するのはさておいてとりあえずプロットを追えば、お話は富裕な人々の集まるパーティから始まる。この「シンポジウム」のメンバーは、全員知的で恵まれた階層の人々であるが、皆程度と質の差こそあれ、どこか変である。奇形的といってもいいだろう。作者はとりあえずパーティを描写するところからスタートして、「キャラを立て」、後は成り行き任せに書いているようにさえ見える(きっちり作ってなくて、いかにも行き当たりバッタリなのが90年代的という感じで嬉しい)。 メンバーの一人の若い女が、幼い頃から行く先々で周囲の人々に「死を招く」呪われた女性であるという設定に至って、どんどんサスペンス劇場の雰囲気が強くなり、財産目当ての結婚と資産家の姑殺しの妄想が展開され、それが実現してしまうと本当にサスペンス劇場(あるいはロアルド・ダール風娯楽小説)になってしまうので、妄想止まりで終わる。だが実際に妄想を出し抜く形で殺人は起こる。ロマンスを打ち砕く非情を描いた小説であるといえる。この幻滅の仕組みも、実ははなはだイギリスらしい伝統といえるのであるが、72歳にしてこの非情をさらりと描ける作者も凄い、と思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/09 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む