サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0117-19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

存在の耐えられない軽さ(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 166件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/399p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-760351-2
文庫

紙の本

存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)

著者 ミラン・クンデラ (著),千野 栄一 (訳)

存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)

税込 902 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー166件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

この小説は100点です

2005/02/19 11:36

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「プラハの春」を背景に描かれる外科医トマーシュと田舎娘テレザの愛…。

この小説はまず、文章が面白いです。偶然トマーシュと出会ったテレザは「肩に飛び降りてくる偶然の鳥たちに目を覚まされて」、トマーシュの家に向かいます。
トマーシュはたくさんの女性とつきあうドン・ファンですが、トマーシュにとって
テレザは特別な存在となります。

そして、章の構成が面白いです。物語の途中で、トマーシュの他の恋人の視点から、トマーシュとテレザの恋の結末を読者は知ることになります。
本を読む人は、既に決められた結末へと向かう二人を悲しみを抱きながら見守らなければならないのです。

でも、悲しみ?
本を読み終わって、この結末が悲しみなのか喜びなのかわからなくなりました。
この本自体、重いのか軽いのか?
暗いのか明るいのか?
いろいろな読み方のできる本だと思います。
とにかく面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どの人物にご自身を投影してみますか

2018/05/13 22:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なお - この投稿者のレビュー一覧を見る

官能的な内容ではあるが、単に男女の泥々とした物語がただ続くだけではなく、その当時のチェコの政治的な背景をからめて、小説は展開されていく。主にに二組のカップルが中心となる訳ではあるが、各々が自分の立ち位置がどこにあり、本当の自分の気持ちはどこなのかを読者自身が、この小説の中の登場人物になって読み進めていくとおもしろいかもしれません。翻訳なのでどこまで原書に近いものかはわかりませんが、表現がとても独特で、やはり文化の違いが感じられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

永劫回帰の意味が理解できた

2019/01/27 21:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

もう30年近く前にレンタルビデオ店でダニエルルイス主演の映画を借りた記憶がある。でも、最後まで見たという記憶がない。おそらく、退屈だったかもしれない。この作品の出足がニーチェの永劫回避についてだったので、ビデオのことが思い出されて「これは、まずい本に手をだしてしまった」と後悔してしまったのだが、結末近くに「幸福とは繰り返しへの憧れである」と主人公のひとり、テレサが呟くことによって、この永劫回帰という難解な四字熟語がすっと心に入ってきた。「だが重さは本当に恐ろしいことで、軽さは素晴らしいことであろうか?」という、この本のテーマについては、もう少し、考えさせていただきたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

西洋の小説を読む面白さと難しさ

2018/10/29 21:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Pear - この投稿者のレビュー一覧を見る

トマーシュとその妻テレザ、愛人サビナを中心として、動乱の時代を背景に登場人物たちの愛と生き方が語られていきます。

面白いのは、終始、作者の視点(?)でそれらが淡々と、時にはシニカルなほど客観的に語られていくこと。

西洋の知識人が共通言語として持っているであろう神学的、哲学的考察が随所に入るためその部分が自分には難解で、正しく読みきれているか自信はないですが、敬遠するにはあまりに勿体無い本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

哲学的な恋愛小説

2016/10/26 00:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

優秀な外科医トマーシュと若い田舎娘テレザの出会い・別離・再会・突然の死を描いた恋愛小説です。

かなり事細かに出会いから一つの週末までの出来事が描かれており、さらに筆者自身の考察のような描写も挟まり、非常にゆったりした展開で進行していきます。普通の恋愛小説として考えればやや退屈ですが、生きるということや、愛するということについて真剣に考察された哲学書として考えるととても面白いと思います。

話の筋を見失わないようにじっくり読むことをおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

結婚

2019/07/05 15:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

結婚って素敵なものなんだなということを改めて感じることができました。当たり前のようになっているけど感謝です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/16 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/26 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/17 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/28 08:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/28 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/29 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/14 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/24 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/03 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。