サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 青春放浪 青春は恥ずかしい青春は「毒」まみれだからこそ美しい

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

青春放浪 青春は恥ずかしい青春は「毒」まみれだからこそ美しい
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:19cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-620-31265-7
  • 国内送料無料

紙の本

青春放浪 青春は恥ずかしい青春は「毒」まみれだからこそ美しい

著者 ドリアン助川 (著)

汚れてしまう切なさや、眠れないほど悩みを抱えることが「青春」である。生きることは、苦しいからこそ美しい。若者のカリスマ・金髪先生が、心を込めて贈る愛と魂の青春バイブル。毎...

もっと見る

青春放浪 青春は恥ずかしい青春は「毒」まみれだからこそ美しい

1,234(税込)

ポイント :11pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

汚れてしまう切なさや、眠れないほど悩みを抱えることが「青春」である。生きることは、苦しいからこそ美しい。若者のカリスマ・金髪先生が、心を込めて贈る愛と魂の青春バイブル。毎日中学生新聞連載に加筆。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ドリアン助川

略歴
〈ドリアン助川〉1962年東京都生まれ。早稲田大学文学部哲学科卒業。現代詩絶叫バンド「叫ぶ詩人の会」を結成、ライブ活動を中心に熱狂的なファンを持つ。著書に「ゆっくり行こうぜ!」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

テンポ良き、痛快な一冊。

2003/06/21 08:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:吉田くに - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ドリアン助川がかつてパーソナリティをつとめた中高生向けの人生相談
番組、「正義のラジオ・ジャンベルジャン」(二ッポン放送)にはリスナー
からの眠気が吹っ飛ぶ位の深刻な悩みが多く、夢中になって聴いたもの
だった。このたび私はドリアンが懐かしくなり興味心に本書を手にしてみた。

 著者いわく、本書は「中高生向けに放たれたドリアンのたわごと集」と
称しているが、たわごとどころかこれまでの彼の経験談・思考・人生観と
呼べるものが濃厚にテンポ良く詰まっていて大人もそこそこ楽しめる本と
なっている。勉強・恋・挑戦・旅・感動、そして挫折など、十代の若者に
とっては今・そして今後が青春の花盛りであるからおそらく著者の語る一
つ一つのテーマが新鮮な刺激になるだろう。また、社会人にしても自分の
学生時代を思い出す時間ができ、一人前の大人になった今だからこそ理解
できる物事も多数出てくることだろう。

 また改めて、世の中色々なことをして生きている人間がいるのだと知る
ことができる。仕事も生き方も型にはまることはないんだ、と元気になって
くる本だ。格好いい姿もみじめな姿も包み隠さず本書の中でさらけ出す潔さ
にロックミュージックのボーカリストとしての表現者魂の熱さを感じ、すが
すがしい。本書はちょっとした空き時間にでも、さらりと読めてしまうテン
ポ良き痛快な一冊といえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/12 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/14 13:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

児童・青少年 ランキング

児童・青少年のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む