サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. かくして巨額損失は海外で生まれた 日本企業が陥った「失敗の本質」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

かくして巨額損失は海外で生まれた 日本企業が陥った「失敗の本質」
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:19cm/257p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-55159-6
  • 国内送料無料

紙の本

かくして巨額損失は海外で生まれた 日本企業が陥った「失敗の本質」

著者 飯田 健雄 (著)

日本企業はなぜ、海外で巨額の損失を繰り返してきたのか。大和銀行、ヤオハン、三菱地所など、22の企業が海外で起こした経営危機をケーススタディとして、国際経営戦略を再構想する...

もっと見る

かくして巨額損失は海外で生まれた 日本企業が陥った「失敗の本質」

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本企業はなぜ、海外で巨額の損失を繰り返してきたのか。大和銀行、ヤオハン、三菱地所など、22の企業が海外で起こした経営危機をケーススタディとして、国際経営戦略を再構想する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

1999/2/25

2000/10/26 00:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ビジネス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1990年以降、海外で生じた日本企業の特別損失は3兆円ともいわれる。海外への投資や事業展開に大きなリスクが伴うという認識が定着する一方で、生き残りを賭けて海外進出を迫られている企業が増えているのもまた事実だ。本書は、多国籍企業論を専門とする著者が、これまで海外で発生した22社の経営危機を紹介したもの。
 それぞれのケーススタディーを危機の原因別に分類、さらにそれらの教訓を国際経営戦略に生かす方法を検討していく。例えば第1章では、海外巨大プロジェクトの最も象徴的な失敗事例としてイラン日本石油公社(IJPC)を取り上げ、カントリーリスクの誤診が巨大損失を招いた過程を紹介。調査結果から導き出されたはずの撤退というカードを切り出せなかった三井物産の苦悩と教訓に加え、さらに近年の事例として中国投資の失策が倒産を招いたヤオハンの例も取り上げる。
 ほかにも、知的財産権争奪戦で傷ついた日立製作所、三菱電機、ミノルタの例、また米国三菱自動車のセクハラ問題、東芝ココム事件などを、経営判断の是非という視点を織り交ぜ検証。
 数少ない「失敗の実証研究集」として参考にしたい1冊。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む