サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 雪のなかを走る猫

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

雪のなかを走る猫(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

雪のなかを走る猫 (ハヤカワ・ミステリ文庫 トラ猫ミセス・マーフィ)

著者 リタ・メイ・ブラウン (著),スニーキー・パイ・ブラウン (著),茅 律子 (訳)

雪のなかを走る猫 (ハヤカワ・ミステリ文庫 トラ猫ミセス・マーフィ)

821(税込)

雪のなかを走る猫

756 (税込)

雪のなかを走る猫

ポイント :7pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ハリーを救え!!動物たち大活躍の巻

2002/01/24 23:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヴァージニア州にある小さな町クロゼットを舞台にしたミステリー「トラ猫ミセス・マーフィ」シリーズの第2巻。
 クロゼットにマンハッタンからハンサムなモデルが引っ越して来た。彼の名はブレア・ベインブレッジ。嵐の翌日、ブレアの敷地の一角にある墓地で、切断され指紋を消された人間の手が発見される。さらに、行方不明の頭部が、衆人観衆の目前、思わぬところから発見され、町じゅう大騒ぎ。好奇心旺盛な郵便局長のハリーと、ハリーのトラ猫・ミセス・マーフィは、それぞれに事件を追いかけ始める。ゆきずりの浮浪者はなぜ殺されたのか。はたして犯人は?

 1巻は、登場人物の名前が覚え切れず、前半読み進むのがやや手間取りましたが、2巻ではお馴染みさんになってきて、サクサク読めました。登場人物が頭に入っていると、会話のひとつひとつにも性格が現れているのがわかり、より楽しく読めますね。

 そして、事件に首をつっこんだハリーに、犯人の魔手が迫る、絶体絶命のピーンチ! ミセス・マーフィやコーギー犬のティー・タッカーを始め、馬のトマホークやジン・フィズ、オポッサムのサイモン、フクロウや、冬眠中のクロヘビまでもが加わり彼女を助けようとするラストは圧巻です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/25 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/30 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/15 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/15 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/24 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/18 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/06 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む