サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

にっぽん心中考

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 青弓社
  • サイズ:20cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7872-3157-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

にっぽん心中考

著者 佐藤 清彦 (著)

日本人は昔から心中物に弱い。至純の愛の果てに、自由恋愛をつぶやきながら、戦後の虚無に包まれて、愛で偽装し、迷信とは知りながらも…。死を賭した凄絶な愛情劇を追跡・検証する。...

もっと見る

にっぽん心中考

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

にっぽん心中考

2,160 (税込)

にっぽん心中考

ポイント :20pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本人は昔から心中物に弱い。至純の愛の果てに、自由恋愛をつぶやきながら、戦後の虚無に包まれて、愛で偽装し、迷信とは知りながらも…。死を賭した凄絶な愛情劇を追跡・検証する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐藤 清彦

略歴
〈佐藤清彦〉1930年生まれ。早稲田大学文学部卒業。読売新聞社勤務を経て、現在、文筆業。著書に「贋金王」「おなら考」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『心中』は時代を映す

2001/06/10 01:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜来香 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 明治の初期から平成まで、状況も知名度も様々な心中事件を、たくさん紹介してくれる本。
 読んでいて興味深かったのは、心中という行為の向こうに、その時代の空気がありありと現れていること。たとえば、昭和初期に起こった心中ラッシュの背景には、戦争を前にして『死を軽んずる』傾向があったし、最近めっきり心中事件が減ってしまったのは、昔ほど恋愛が切実なものではなくなってしまったから。紹介されている心中事件のうちで最新のものが、ホームページで知り合った男女の心中事件だったというのも、いかにも「いま」といった感じだ。
 また、心中する男性にはある種のパターンがあって、みんなそうだとは断定できないものの、知的だがどこか弱々しい優男といった人たちが多い。十八歳の歌手と心中した(未遂だが)作家・中村進治郎など心中タイプ(?)の集大成みたいな男で、この手の男性が好きな方には、『優男カタログ』的な楽しみ方も出来るかもしれない。
 ロマンティックな出来事がたくさん紹介されている本書だが、読了して感じるのは、やっぱり心中は卑怯で迷惑な行為だと言うこと。太宰治心中事件の現実(彼は自分だけ薬物を飲んで安らかに死に、心中相手は溺死させているらしいのだ)など読んでいると、心中に対するロマンティックな憧れも、ほどほどにしておいた方が良いという気持ちにさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

物語化されるにっぽんの心中と歴史文化

2008/07/02 10:03

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

『にっぽん心中考』という大仰なタイトルをまつまでもなく、「心中」は、日本固有の文化の1つといってよいだろう。ことに、本書にまとめられたように、時代を問わず連綿と続いてきたドラマチックな心中の数々を目の当たりにすれば、その感はいよいよ深くなる。しかも、浄瑠璃や歌舞伎を想起すればたちまたい明らかなように、それは近代以降のものというに留まらず、この日本という風土において、あたかも伝統芸能のようにして受け継がれてきた文化ですらあるようなのだ。

ただ、本書が明らかにしてくれることは、心中がいつの時代にも普遍的なドラマであるばかりでなく、(個々人の事情と言うよりは)その都度の文化的・歴史的な背景に色濃く影響された、それなりに固有の出来事だということだ。ある時期には「純愛」が謳われ、大正には「自由主義」の空気の中で心中が行われもすれば、戦後の混乱は心中にそうした色彩を与え、例えば心中(未遂)歴で有名な作家の太宰治も、この時期愛人と入水を果たしている。さらには本書の枕におかれた、渡辺淳一『失楽園』をみれば、ポストバブル期の閉塞感とそれゆえの「不倫という名の純愛」への羨望が読み取れるようですらある。

本書は、『にっぽん心中考』は、そうした心中の諸相を歴史的に追うことで、日本の歴史をも照らし出した、いわば「心中から見た日本文化史」としてもたいへん面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

社会病理・犯罪 ランキング

社会病理・犯罪のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む