サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ヘミングウェイのパリ・ガイド

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヘミングウェイのパリ・ガイド
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:21cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-343137-X
  • 国内送料無料

紙の本

ヘミングウェイのパリ・ガイド (Shotor travel)

著者 今村 楯夫 (著)

小説「日はまた昇る」「移動祝祭日」に描かれたパリを求めて、20年代のパリを再発見し、現代のパリを確認。E.ヘミングウェイがこよなく愛したパリを紹介した、ちょっと知的なポタ...

もっと見る

ヘミングウェイのパリ・ガイド (Shotor travel)

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小説「日はまた昇る」「移動祝祭日」に描かれたパリを求めて、20年代のパリを再発見し、現代のパリを確認。E.ヘミングウェイがこよなく愛したパリを紹介した、ちょっと知的なポタリング・ガイド。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

今村 楯夫

略歴
〈今村楯夫〉1943年静岡県生まれ。ニューヨーク州立大学大学院博士課程修了。現在、東京女子大学教授。著書に「ヘミングウェイと猫と女たち」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

贅沢なパリガイド

2005/02/27 16:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きらきら星 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今村楯夫さんはヘミングウェイ研究第一任者の一人。本書でヘミングウェイのデビュー作「日はまた昇る」と晩年の作品「移動祝祭日」に描写されたパリの町を写真つき紹介。その魅力をあますことなく伝えている。
 どの写真もきれいだが、パリの3大カフェ、ブラッスリー・リップ、カフェ・フロール、カフェ・ドゥ・マゴは特におしゃれ。作家が原稿料が入ったら一番にむかったり、そこで執筆したり、ジョイスと過ごしたりした場所だ。
 初めて知るほほえましいエピソードも多いだろう。大作家ヘミングウェイはホテルリッツのイメージがある。でも彼がパリに来て初めて泊まったのは当時は安くて清潔で長期滞在向きのホテルアングルテール(今は高級ホテルになった)。本を仕入れ先はトゥールダルジャンの裕福な客が残す格安本が売られた古本屋。高級店カフェ・ド・ラペでは食後にお金が足りず妻を店に残してホテルにお金を取りに行った、なんて話も。
 今村氏の「ヘミングウェイを追って」でも本書と同じく写真、ストーリーの概要、印象的シーンの引用、歴史文化的背景の説明が挿入されている。でも単なる資料集に終わってしまったような印象があった。一方本書で同氏は名のない町の一角についてでさえ詩人か小説家のような筆力を発揮。なぜだろう。その理由は前作が短編を扱っているので深みに欠けるのに対し、後者がヘミングウェイの決定版と言える長編を対象としているから。そしてなにより氏がそれらを丁寧に読み込みその魅力を堪能しているから。だからこそ本書で読者に豊富な語彙を駆使して作品中の町の魅力を伝えることに成功した、という気がする。
 単なる粋なパリガイドではない。作品中の戦後の荒涼とした精神風土や当時の芸術家たちの交流を垣間見せてくれる贅沢な一冊。ヘミングウェイファンを満足させるのはもちろん、彼の小説を読んだことのない人、パリ旅行者にもおすすめだ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む