サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. クーデター Coup

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クーデター Coup(宝島社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島社文庫
  • サイズ:16cm/549p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7966-1433-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

クーデター Coup (宝島社文庫)

著者 楡 周平 (著)

クーデター Coup (宝島社文庫)

823(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

徹底したエンターテインメント

2000/10/16 00:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひで - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書の広告文では、氏をアメリカの誇る人気作家トム・クランシーとフレデリック・フォーサイスになぞらえている。本作は、そんな広告文通り、人気作家二人を向こうにしても負けることのない作品の大きさとスピード感を持っている。正の主人公川瀬雅彦の初登場作である本作は、ハリウッド的な大きさと日本人的な緻密さを兼ね備えた小説となっている。

 CIAが掴んだ重火器の密輸事件。武器は政官財界の腐敗を嘆く龍陽教の信者へと渡る。彼らが仕組んだのはテロ事件。着々と進む準備の中、日本海ではロシア船の爆発に巻き込まれたアメリカの原潜が航行不能になる。この期に併せ動き出したテロ事件は能登で始まった。向かった機動隊は全滅。取材に当たった川瀬の恋人は死亡する。そして東京でも警視庁とアメリカ大使館が爆破され、ついに自衛隊が動き出す。すべての真実を探るため川瀬は動く。果たして事件の結末はどうなるのか。

 日本は軍事的観点から見ると面白い国である。平和憲法を掲げながらも、その一方で世界でも上位にはいるほどの軍事力=自衛隊を持つ。沖縄を始めとする各地に他国の軍隊が駐留する。そしてまたマスコミや政治家は、北朝鮮だ、中国だと何かと仮想敵を作り出し、国民に危機意識を持たそうとしている割には、本人にももちろん国民にも危機意識は全くなく、平和ボケなどと称されている。そんな日本にここ最近少し変化があるとすれば、オウム真理教の事件、阪神大震災、北朝鮮のミサイル発射など、ぼけた頭に渇を入れるかのような事件が連続して起きたからだろう。もちろんさめやすい国民性からか、事件直後と比べれば危機意識はかなり低くなってるが、日本だけが世界で例外ではないことは日本人の心理に深く刻まれたことだろう。

 本作では、そんな現実を背景に、宗教団体のテロ、自衛隊の緊急出動、日韓米の三国対北朝鮮の構図を中心に、ヒステリックにわめく一部の人間と、何事もないかのように生活を続ける大多数の日本人という状況を浮き彫りにしている。その中を戦争を体験した川瀬が動き、真実を暴いていく。川瀬の姿は日本人的ではない日本人であり、この点は日本にありながら日本ではない外資系企業につとめた経験を持つ楡氏だからこそ描けたのだろう。

 少し難しくなってしまったが、ともかく本作はエンターテインメントを十分に熟知した楡氏の手によって、多くの情報を盛り込まれ、それでいて情報過多に陥ることなく、物語のディテールを豊かにしてくれている。エンターテインメント性とメッセージ性の両者がうまく噛み合い、徹底したスピード感は最後まで落ちることのない本作はまるで映画を見ているかのようである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リアル

2001/04/12 02:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なぐ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 クーデターを題材にした小説としては、久々に一気に読んでしまいました。真に迫った、いつ起きても不思議がなサスペンスである。
 戦争(クーデター)の血のにおいまで想像させるような「リアル」さを持っています。又、主人公の川瀬雅彦の恋人への愛し方も魅力的です。
 ぜひ読んでみてください。お勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/01 10:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/25 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/02 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/29 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/04 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/07 06:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

宝島社文庫 ランキング

宝島社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む