サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 日本の経済格差 所得と資産から考える

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本の経済格差 所得と資産から考える(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/212p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-430590-X
  • 国内送料無料
新書

紙の本

日本の経済格差 所得と資産から考える (岩波新書 新赤版)

著者 橘木 俊詔 (著)

【エコノミスト賞(第39回)】【「TRC MARC」の商品解説】

日本の経済格差 所得と資産から考える (岩波新書 新赤版)

778(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

我が国の所得格差の拡大を膨大なデータをもとに検証した書!

2016/09/21 08:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、1998年に出された我が国の経済格差について考察した書です。バブル期に土地・株式が急騰したこと、低成長期に入って所得が上昇しないこと、などから「一億総中流」に象徴される社会の平等・安定意識は揺らいでいます。時代の推移のなかで、そして国際比較の上で、格差の拡大を統計データによって詳細に検証し、その経済的メカニズムを明らかにしながら、税制や教育、企業システムなどの課題をしめした画期的な書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

noname

2003/04/09 12:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:阿  - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本は「1億総中流」という言葉に代表されるような平等社会であると言われてきた。しかし近年各種調査から日本の所得分配が不平等化しつつあることが指摘されている。本書のなかで著者は、所得分配の不平等度を測る代表的指標のひとつであるジニ係数を用い、他の先進各国との国際比較、戦後日本の各時期との比較を通じて、日本社会が近年急速に不平等度を増してきたこと、1980年代後半や1990年代では先進国中最高の不平等度であることを示す。

私個人の印象では、現在の日本社会では、不平等度の高まりを感じつつも「1億総中流の平等な日本社会」という認識がいまだに支配的であるように思う。このように、日本社会の不平等化が人々に認識されないままに、税制や各種社会保障などをめぐる議論がなされている現状は、結果的に人々が好ましいと考えている以上に不平等な社会を作る危険がある。その点からも日本社会の不平等化を指摘した本書をぜひ一人でも多くの人々に読んでもらい、各自の政策判断に役立ててもらいたいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/10/21 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/29 07:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/02 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/25 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む