サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ソフトボール
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: ベースボール・マガジン社
  • サイズ:21cm/167p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-583-03561-6
  • 国内送料無料

紙の本

ソフトボール (コーチングforジュニア)

著者 丸山 克俊 (著)

日本でいちばん人気のスポーツ・ソフトボール。老若男女に愛される生涯スポーツをコーチするために必要な基本や戦略などについて、しっかりとした方法論に立って指導する強化書。【「...

もっと見る

ソフトボール (コーチングforジュニア)

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本でいちばん人気のスポーツ・ソフトボール。老若男女に愛される生涯スポーツをコーチするために必要な基本や戦略などについて、しっかりとした方法論に立って指導する強化書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

丸山 克俊

略歴
〈丸山克俊〉1951年長野県生まれ。日本大学大学院文学研究科教育学専攻博士課程満期退学。東京理科大学保健体育科学センター助教授。著書に「レクリエーションとしてのソフトボール」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

体でわかっていても、「教える」となると別だし、これが「子供に」となるとさらに難しい。「子供に教える」場合、いろいろ参考になります。

2001/10/29 00:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:torikata - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本文に「チームゲームとしての日本での愛好者数はナンバーワン」とありますが、ほんとでしょうか? いきなり疑問を出してしまいましたが。野球の愛好者が多いと思うのですが、ここでは「硬式野球は、やったことがない」人が大半ですし(わたしもそう)、「軟式野球」も女性はほとんど未経験でしょうから、そうすると、「やったことがある」ベースの「愛好者」だったら、これらのうちでは、ソフトボールがナンバーワンになっちゃうでしょうね。けど、わたしとしてはできればソフトボールより軟式野球がやりたいです。けど、それでは女性ができないから、次善の策として、ソフトボールでガマン、と。これって「愛好者」にカウントされちゃうのかなあ。いまひとつ釈然としないわたし。確かに、オリンピックのソフトボールって凄いレベルですが、これまた男子ソフトボールってありましたっけ? 男子は硬式野球ですよね。やっぱ、「野球」がいいなあ。書評になってないか。この本は、子供に教えるためのものですから、「挨拶ができているか」「用具は整理整頓できているか」といったこまごましたことを教えてくれます。フィールドの寸法とかもありますが、わたしとしてはもう少し、「野球とのルールの違い」を強調・整理して欲しかったです。でもなんか「野球の風下に立つ」のがお嫌なのか、「野球」との関係には極力触れない様に書かれているみたいな気がするのは、猜疑心が強過ぎますでしょうか? 装丁は地味の一言。写真はモノクロ、段組も質素です。要は内容ですけどね。監督、コーチの方、「練習する機会がある」方にはまあまあオススメと言えましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

球技 ランキング

球技のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む