サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

安全学
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 青土社
  • サイズ:20cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7917-5679-7
  • 国内送料無料

紙の本

安全学

著者 村上 陽一郎 (著)

原発事故、医療ミス、環境汚染…。現代文明が追求する価値が、恩恵だけでなく危険をも孕む。文明そのものの脅威に対し、われわれはいかに生き延びるか。新たな知、倫理としての「安全...

もっと見る

安全学

1,944(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

原発事故、医療ミス、環境汚染…。現代文明が追求する価値が、恩恵だけでなく危険をも孕む。文明そのものの脅威に対し、われわれはいかに生き延びるか。新たな知、倫理としての「安全学」を模索する全く新しい文明論。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

村上 陽一郎

略歴
〈村上陽一郎〉1936年東京生まれ。国際基督教大学教授。専門は科学史・科学哲学。著書に「近代科学を超えて」「近代科学と聖俗革命」「ペスト大流行」「生と死への眼差し」など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

<安全はやみくもに危険をもみ消したり、危険、危険とただ叫んでいるだけでは実現できない>

2003/05/20 18:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まんでりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 飛行機事故でなくなった機長が、出発前に「やっこらしょ・どっこいしょ」と言っていたことが、ボイス・レコーダーの記録からわかった。
 マスコミはこぞってコックピット内のたるんだ空気を「道義的に」非難した。
 後に、これは機長が気合を入れるときの学生時代からの癖であったとわかる。
 まあ、マスコミは引っ込みがつかんわな。

 一を聞いて十のことがわかったようなつもりで仕事をするのはマスコミというものの性(さが)であるから、これをとやかく言っても始まらないが、「道徳的に」いくら非難してみても危険は去りはしないという当たり前のことを当たり前に主張するのがこの本の趣旨である。

 この手の失策をしでかしたマスコミもまた「道徳的に」非難されるのはテレビ朝日だったかが、坂本弁護士一家惨殺事件に責任の一端があると指摘されて自粛したのを挙げれば十分だろう。

 また、引っ込みがつかないと、開き直ってあくまで非を認めないという態度に出るか、さもなければ自粛と称して萎縮してみせるしかないのかもしれない。

 いずれにしても本来の問題の解決にはつながらない。

 世の中は危険に充ちているということは「火宅」のたとえの昔より自明のことであるにしても、今は余りにも余計な危険を抱え込んでしまって、もう後戻りもきかないところにまで来てしまっているかのようである。

 著者は、この危険を広く具体的に取り上げて吟味し、真の安全を目指すにはどのような方向性や可能性が考えられるだろうか、あるいは回避不能な危険についてどう考えるのが妥当であるのかについて総合的に考察していく「安全学」なる新たな学問を提唱しようとしている。
 
 奇妙なタイトルに惹かれて手にとってみたのだが、広い学問分野を包摂する一つの卓見ではある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/18 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/22 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/20 02:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/09 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/13 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/15 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

工業経済・経営 ランキング

工業経済・経営のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む