サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『これからの仕事と経済』~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-03433-5
文庫

紙の本

戦中派天才老人・山田風太郎 (ちくま文庫)

著者 関川 夏央 (著)

戦中派天才老人・山田風太郎 (ちくま文庫)

税込 770 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

天才老人。

2001/02/17 21:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真鍮 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は関川夏央が、山田風太郎との一年半あまりに渡る時折の面接を、物語へと再構成しなおしたものである。なぜ再構成?聞き書きでいいのに。当然わき起こる疑問だけれども、関川夏央自身当初はそのつもりだったらしい。山田風太郎のエッセイ集、例えば『死言状』など読んでいると、饒舌な作者像が浮かんでくる。しかし実際はそうではないようだ。
 「とにかく彼の談話は過剰に融通無碍であって、そのままでは到底原稿とはなりがたい。」
 文庫版のあとがきではこんな事がかかれている。なんだか苦労したようだ。

 「戦中派」「天才」「老人」、山田風太郎をその三つの枠組みに分解し、関川夏央らしいユーモアが加わって、そのすべてが多少、強調されすぎてるんじゃないか?作ってるだろっ。と言いたくなるようなエピソードもまあ、多少、ないわけではない、…気がする。しかし氏曰く、「材料はすべて山田風太郎の著作と発言の中にあり、一個も恣意的に加えられることがなかった」空起請ではないだろう。たぶん。

 昔bk1の荒俣宏インタビューで、老いて魂のステージがあがった水木しげるの話がかかれていたけれども、山田風太郎にもそれに相通じるものがあるのではないか。天才老人のアフォリズムはもう、食傷気味。しかしえがかれる天才老人の機知、健忘はそれはもう、恐るべきものである。惚けてるのだかなんだかわからない。健忘だか機知だかは誰も知らない。そのあたりもまた、読みどころだ。というわけで、最後に帯裏からの引用を。

——— 山田さん、結構おんなじこといいますね。
「実はぼくはもうこの世の人じゃないんだ」
——— は?
「実は昭和64年、僕は例のごとく酔っぱらって階段から落ちた。そして死んだ」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/04/01 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。