サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

この国の失敗の本質
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/341p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-209189-5
  • 国内送料無料

紙の本

この国の失敗の本質

著者 柳田 邦男 (著)

エリート汚職、金融・証券腐敗、薬害エイズ、オウム事件…。なぜここに来て、事件が噴出するのか? 通底する本質は何か? 蔓延する心のバブル化にメスを入れ、日本人の価値観の18...

もっと見る

この国の失敗の本質

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

エリート汚職、金融・証券腐敗、薬害エイズ、オウム事件…。なぜここに来て、事件が噴出するのか? 通底する本質は何か? 蔓延する心のバブル化にメスを入れ、日本人の価値観の180度転換を問う。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柳田 邦男

略歴
〈柳田邦男〉1936年栃木県生まれ。東京大学経済学部卒業。NHK記者を経てノンフィクション作家に。著書に「人間の事実」「20世紀は人間を幸福にしたか」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日経ビジネス1999/2/22

2000/10/26 00:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:草野 厚 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 阪神淡路大震災が起こって4年が過ぎ、人々の心から、あの時のショックが嘘のように消えつつある。その証拠に、当時村山内閣の危機管理に関して厳しい批判を浴びせたマスメディアもその後を十分には検証していない。何をあの大災害から我々は学んだのか。政府や地方自治体は、いずれは必ずや起きるであろう大震災に、村山内閣と同様の失敗を繰り返さないという自信はあるのか。そんなことを考えていたら、その点をより深く、問題の本質に迫って注意を喚起している書物に出合った。
 第2部の「大災害と生存の条件」から読み出したが、著者が当時すでに、災害の現場を歩きながら(本書は、既発表の作品を集めたもの)単なる感想ではなく、現在にも示唆的な処方箋を提示していることに驚いた。たとえば、極めて短い作品だが「阪神大震災に学ぶ危機管理の核心」では、情報キーパーソンの重要性を指摘している。
 要は、情報の把握と判断の遅れが、大震災の被害を拡大したのだから、政府は情報網の確立など対応策を講じるだろうが、それだけでは不十分であろう。必要なのは情報のプロで、それは1、2年で代わるような担当者ではだめだというのである。ほかの分野よりも余計に防災のプロは、情報の蓄積と勘が求められるということは素人の私でも理解できる。しかし、状況は著者の危惧する方向に進んでいる。
 「ゼロ戦コンセプトの成功と失敗」も興味深く読んだ。日米で戦闘機の設計思想が大きく異なり、日本の場合、機体の軽さを追求したために、強度や防弾は後回しにされ、結果的にパイロットの命は二の次になったというのである。その不利な点を精神力で補えといっても、米国の合理的設計思想には勝てるわけがない。
 この作品を含め、医療、高速増殖炉もんじゅなど効率追求の社会の事故がどのようにして起きるかなど、これまでの官僚機構、企業の失敗を検証し、実は多くの失敗は、日本軍の組織上の欠陥に起因するとしている。特に、人的ネットワークを偏重し、また学習を軽視していたことが問題だとしている。
 ではなぜ、失敗を学習しないのか。それは「文化的な欠陥遺伝子」、つまり、正面から失敗の原因を議論しようとすると、組織内で白い目で見られて孤立してしまう傾向が日本では強く、結局、「起こったことは仕方がない、今から蒸し返す必要はない」と封印してしまうからと指摘する。官僚機構は、なにも公的機関にのみ存在するわけではない。私企業においても、全く同様のことが生じているはずである。著者の指摘に学ばずに、我々は再び過ちを繰り返すことになるのであろうか。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/20 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/17 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/28 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/11 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/21 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む