サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

QED百人一首の呪(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 46件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/316p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182044-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

QED百人一首の呪 (講談社ノベルス)

著者 高田 崇史 (著)

【メフィスト賞(第9回)】百人一首の一枚を握り締めて、会社社長は惨殺された。残された札はダイイング・メッセージなのか。百人一首に封印された謎が解けたとき、不可能犯罪と思わ...

もっと見る

QED百人一首の呪 (講談社ノベルス)

1,048(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【メフィスト賞(第9回)】百人一首の一枚を握り締めて、会社社長は惨殺された。残された札はダイイング・メッセージなのか。百人一首に封印された謎が解けたとき、不可能犯罪と思われた事件もまた戦慄の真相を示した。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高田 崇史

略歴
〈高田崇史〉1958年東京都生まれ。明治薬科大学卒業。「QED」で第9回メフィスト賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー46件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

歴史謎解きは面白いが

2017/01/11 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

推理パートの無理矢理感が疲れるレベル。それとヒロインの無個性さがとても気になった。よくあるテンプレ女性キャラ。会話が不自然過ぎて こういう話しかたする人が実在してたら かなり引くなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

薬剤師探偵あらわる。

2002/06/06 20:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

薬剤師・奈々の大学時代の先輩・崇が探偵役。崇の友人・小松崎が殺人事件のダイイング・メッセージの謎をもってくる。崇はその謎をとくために、百人一首そのものの謎を解き始める。奈々はそんな崇に振り回される。百人一首や藤原定家にまつわる歴史・病気のことなどが豊富に語られている。
殺人事件の謎を百人一首から解く、少し変わった手法だ。だが、面白い。次回作に期待できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちと、欲張りすぎでは…

2002/07/31 01:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

第9回メフィスト賞受賞作。ちょっと欲張り過ぎかな…。

百人一首マニアの会社社長が殺された、続いてその犯人だと思われ
ていた社長の娘の死体が発見される。社長が握っていた百人一首の
札はダイイングメッセージなのか?事件と百人一首に隠された謎を
変わり者の薬剤師、桑原崇が鮮やかに解明する。

百人一首の謎に迫ろうとする作品は、結構ありますよよね。高校の
時の国語の先生に熱心に勧められた覚えがあります。色々な読み解
き方をすることが出来るという点では、日本のマザーグースと言っ
てもいいのかもしれませんね。で、その作品なのですが、基本的な
日本史?知識がないとちょっと辛いかもしれません。デビュー作に
は、往々にしてあることなのですが、その時の自分の知識をてんこ
盛りにしすぎて、突っ走ってしまっているというか…。題材自体は
面白いものなのですが、これじゃあ学術論文みたいです。探偵役の
桑原崇が、民俗学好きで博覧強記、その上酒好きの薬剤師と言う設
定なのでそれぞれの分野に関してのうんちくが非常に多いのです。
民俗学好きの探偵役といえば、すぐに京極作品が浮かんでしまいま
すが、そういう意味でもちょっと安易な探偵役の設定かなというの
は否定できません。ただし、日本史や文学史?なんかが好きな人に
はかなり楽しめる作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無題

2003/01/30 03:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マサーシー - この投稿者のレビュー一覧を見る

新しい形の推理小説、推理の仕方が今までに無い、新発想?古典に興味のある人や、百人1首をよく知りたいという人にはおすすめできる一冊であるが、純粋に推理小説を楽しみたいという方にはいまいちおすすめしにくいというのが本音。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/15 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/02 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/29 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/11 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/13 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/17 13:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/16 07:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/15 02:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/20 09:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/14 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/13 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む