サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

虎落笛
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: 日本民主主義文学同盟
  • サイズ:20cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89469-011-X
  • 国内送料無料

紙の本

虎落笛 (民主文学自選叢書)

著者 能島 竜三 (著)

戦後生まれの著者が、戦争の傷痕を身近に見きわめつつ、家族の絆を探り続けた短編小説集。現代を切り開く道筋を鮮やかに照らし出す7編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

虎落笛 (民主文学自選叢書)

1,543(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

ワイマール近郊で 3-26
ベルリンの青い空 27-56
山鳩 57-78

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

加害者よりも被害者の傷は深いんだ

2006/11/06 05:15

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:未来自由 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『風の地平』を読んで魅せられた能島龍三。短編集が苦手にも関わらず『虎落笛』を買っていたが、結局読まずにいた。最近、最新刊が発売されたと聞き、あわてて読んだ。
 過去と現代に横たわるもの、そこには切り離すことのできないものがある。
 戦争、被爆、加害者と被害者、その責任をどう考えるのか。不倫によって妻と家族を捨てた父親との思いを交えながら、過去に繋がる現在と向き合うことの意味が、連作のように語られる。
 表題作の『虎落笛』は、治安維持法によって殺された小林多喜二のことも書かれてはいるが、その他の短編のほうが胸に迫ってくる。
 人間が行う行為が、他の人にどのような影響を与えるのか。そこには想像にも及ばないものがある。そのことにどう向き合うのか。そのことを考えさせる作品である。
 著者の体験を語っているだろうだけに、胸に迫ってくる重さを考える。知らず知らずのうちに加害者になってしまうことさえある。そのことを考えさせてくれる。
 不倫をして、妻と子どもを捨てた父親。その父親と常に被害者の立場から向き合う主人公。父親の最低限の思いは描かれているようには見えるが、そこをもっと掘り下げた描写があればより深い作品集になっただろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む