サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

修正:レビューキャンペーン(0701-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 講談社の通販
  6. 講談社文庫の通販
  7. すべてがFになる The perfect insiderの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

すべてがFになる The perfect insider(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 1,472件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1998/12/01
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/522p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-263924-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

すべてがFになる The perfect insider (講談社文庫 S&Mシリーズ)

著者 森 博嗣 (著)

【メフィスト賞(第1回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

すべてがFになる The perfect insider (講談社文庫 S&Mシリーズ)

税込 853 7pt

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

税込 648 6pt

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.8MB 無制限
Android EPUB 3.8MB 無制限
Win EPUB 3.8MB 無制限
Mac EPUB 3.8MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

掲載中の特集

サスペンス小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,472件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

すごいレビュー数!!

2017/06/08 09:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:imikuto - この投稿者のレビュー一覧を見る

若年層のミステリーファンには人気が高い。
と思っていたら、メフィスト賞受賞から20年が経ち、昔の若者ファンも50歳を超えているのだなぁ、と感慨深くなってくる。

と、ファンのような言い方をしているけど、じつはそれほど面白いとは思っていない。
それにコンピュータ知識が十分でないとわからないはずなのに、どうしてこんなに人気があるの?しかも神格化するファンもいる。そこが不可思議で仕方がない。
森氏デビューの少し前の第1次新本格の作品にくらべると、凝り方や本格風味は決して引けはとらないが、ラノベ風味やキワモノ風味が強すぎて(案外同じ程度なのかなw)、共感もできない。年齢のせいなのかなぁ。

筆者と同様、批判的な読者も多いらしいが、これだけ読まれれば、それだけで立派なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アイデア勝ち。高級なエンタテインメント。

2004/08/08 21:03

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yama-a - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アイデア勝ち──「理科系の小説」と言われる森の出世作を文科系の読者である僕が読んでまとめるとこうなる。文章は別に巧くない。人物の造形は非常に人工的で類型的。この手の小説には文章の巧さや人物造形の妙を求めない読者が多いだろう(いや、この程度のものでも褒められたりする)から、一般の読者に対してはそれで良いだろう。でも、僕のような読者にも途中で読むのを止めさせないのは、それ以外の要素があるから──それは、小説の骨組みとなる部分=構成=アイデアの勝利である。
 この構成が理科系ならではの、コンピュータ言語や16進数やバーチャル・リアリティやらが入り乱れた、とても文科系には思いつかない、けれど読めば概略は理解できて「ふーん」と思ってしまう世界である(勿論、これらのことがさっぱり理解できない文科系もいるだろう。そういう人には残念ながらお薦めできない)。
 「解説」で瀬名秀明が「このシリーズの主人公・犀川が漏らす言葉に目から鱗が落ちた」と書いているが、僕は全然そうではなかった。いや、犀川の言葉が的外れだと言うのではない。あまりにも当然のことを言っているとしか思えず、瀬名が感動している何箇所かの台詞を何も感じずに通り過ぎてしまったのである。僕は変な文科系なのだろうか?
 瀬名はさらに「この小説は通常の小説的な『お約束』に縛られることがない」と書いている。僕が一番気に入らないのはその点である。「お約束」から離れすぎてしまうと、それは単なるそらぞらしい読み物となる。僕は変な読者なのだろうか?
 ま、これは筋を読む小説である(だからあらすじについては何も書かない)。行間を読む小説ではない。それはエンタテインメントというジャンルである。そして、これは高級なエンタテインメントである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

印象的トリック

2017/12/02 18:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

トリックの素晴らしさは特筆ものです!ただ、全てが大仰過ぎる気がしました。あの人に関してはここまでしなくてもという感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

森博嗣さんのはこれが初めて読んだ本です

2016/12/09 09:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

友人に借りて読んだのだけれどもタイトルがすごく面白いなと思いました。前半はかなり衝撃的な内容でした。後の方はそうでもないかなと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「すべてがFになる」ってどういうこと?と思う人はぜひ。

2002/06/14 22:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふーみん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに惹かれました。森博嗣はタイトルをつけるのがうまい。「すべてがFになる」ってどういうこと??

それはネタバレになるので書けません。裏表紙にある程度のことまで書くと、孤島のハイテク研究所で隔離された生活を送る天才工学博士の女性の部屋から、ウェディングドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れて、偶然島を訪れていた大学助教授犀川とその生徒西之園萌絵がその謎にとりくむ、というもの。とりあえず、シリーズ中では一番グロかったかも。
犀川と萌絵がコンビを組むシリーズ第一弾です。謎解きよりもこの2人が魅力的で次、次、と読み進めてしまいました。話の中では、西之園萌絵は天才的な頭脳の持ち主ということですが、謎解きの課程を見ているととてもそうは思えない…。
タイトルのセンスもよく、会話にテンポがあり、読んでいてあきません。自分で謎を解こう、と意気込む人以外は、あまり頭を使いたくないときの楽しみにいいかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んだら絶対ハマります!

2004/02/08 23:01

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヒントや伏線と言われるモノは至る所にあるんです。ただソレをつないで行くにはひどく時間と努力が必要となる。そしてテンポよく進んでいくストリー。僕はろくに考えもせずにただ先へ、先へ。
 
 そんなに本を読む方じゃないから分からないけど普通のミステリーは探偵さんが格好良く謎を解き犯人はまんまと捕まりハッピーエンド、てなもんなのではないだろうか?
 そこまで言うのは少し失礼かもしれない。でもそんなふうに僕が感じた一筋縄じゃないところがこの『すべてがFになる』が人気を得た理由ではないだろうか? 普通じゃないところで起きた普通じゃない殺人事件。ミステリー好きなら飽き飽きするようなありきたりな設定で起きる、最後まで訳の分からないわくわくする物語。
 

 最後まで読み終わって「あー、楽しかった!」と思ったならもう一度読んでみて下さい。ちょっとだけ『天才』のことが分かるかも知れません。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すべてがFになる

2002/12/22 14:35

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MIYAKO - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても気になるタイトルと、第1回「メフィスト賞」を受賞した作品という事に興味を惹かれ、私には珍しく数学的な作品を読み終えた。理科系作家と評される通り、コンピュータや数学的な話がゾロゾロ出てきて、ちんぷんかんぷんなところもあったが、それでも、私が読み終える事が出来たのは、登場人物の個性が面白く、話の展開に惹き込まれたからだ。特に真賀田四季博士の個性と存在感は格別で、ゾクゾクさせるものがあった。天才が故に「生」への執着が希薄で、「生きていることの方が異常、死んでいる事が本来で、生きているのは機械が故障しているような状態だ」と話す真賀田博士だが、じゃあ、最後はナゼ?って感じで、読み手に色々考えさせられる作品だと思う。私はこの作品を読み終わって考えた。人間の脳がすべて使われていないのは、生への執着を持たせる為の、人間の本能なのかもしれない。すべての謎を解き明かし、何事も不自由なく出来てしまえば、自分の生命を終局させるだけなのかもしれないと。考えすぎ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

猟奇的なのだがグロくなく、何とも切ないミステリ

2015/10/08 13:13

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

猟奇的なのだがグロくなく、読み進めるにしたがって何とも切なくなるミステリです。

ミステリの答えは非常に理系ですので、深く悩まず雰囲気を楽しんでください。

犀川先生と萌絵ちゃんの今後の活躍、そして四季、きっと続けて読みたくなると思いますよ。
おススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

異常な動機を常人が理解しようと思うのが間違い

2009/01/03 00:08

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 孤島にある外界と隔絶した研究所の中で、隔離されて生活をしている天才博士、真賀田四季。彼女は14歳の時に両親を殺害した罪で裁判にかけられ、心神喪失で無罪を勝ち取って以後、ずっとそこで生活している。地方の名士の家系である西之園萌絵は彼女に興味を持ち、自分が通う大学の助教授であり、父の教え子でもある犀川創平や研究室のメンバーとともに、この研究所がある島でキャンプを行うことにする。その夜、彼女に会うために研究所を訪ねると、そこで見たのは、ウェディング・ドレスをまといながらも、両手両足を切断され、ロボットで移動する彼女の死体だった…。いわゆる密室ものに分類される作品です。

 ボクはあまりミステリーを読む方ではないので間違っているかもしれませんが、多くのミステリーでは、読者は犯人に対して共感なり、反感なりを抱きます。探偵役はそこに至るために、異常な状況を理解できる状況に置き換えます。この際に、動機の解明ということが行われるわけです。
 しかし、この作品では、このような動機の解明にはあまり重点が置かれません。そもそも、探偵役が状況を異常と思っているかどうかも疑問です。事実として死体があって、それを実現するにはどうすればよいかを、日常の論理で理解してしまう訳です。まあ、必ずしも読者がそれを理解できるとは限りませんが、それは天才の所業なので凡人に理解できないのも仕方ない。
 では、登場人物たちが魅力的ではないかというと、決してそんなことはない。それぞれの思考方法や背景などが随所に埋め込まれ、それが彼らを彼らたるものにしています。個人的には事件と直接関係ないこれらの会話などの方が面白いとも思う。すでに世間的に十分評価されている作品なので、こういったことは十分語りつくされていると思いますが…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

羊たちの沈黙から誕生した名作

2001/05/07 06:43

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 天才数学者の真賀田四季を巡る事件を、N大学工学部教授の犀川と、彼を慕う女子大生西之園萌絵が謎解きをする本作。S&Mシリーズの第一作とされていますが、実際には3作目として創作されていたそうです。
 とはいえ冒頭からストーリーにひきこませる力は処女作として発表するに一番ふさわしかったと納得。森博嗣独特の美学が味わえます。「環境破壊をしないためには一つの場所に留まり移動しなければよいのだ」というヴァーチャルリアリティ肯定論や、世間的常識を欠いた研究者たちが魅力的。
 トリックは情報処理を知っている人にはすぐ予想がつき、謎解きの楽しみは少ないかもしれません。『羊たちの沈黙』へのリスペクトが爆発しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それにしても吃驚した

2001/01/19 16:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松内ききょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 密室に死体。もうそれだけで十分だ。密室から死体が飛び出してくる。ああ、もうどうしてこんなに魅力的なんだろう。 
 密室。試され、アレンジされ、使い古され、パロディーにもされ、それでもなお色褪せない魅力は、一体どこからわいてくるものなのだろう。あくまで新しい密室を追い求めるにしろ、それへの固執を批判するにせよ、閉ざされる、あるいは閉ざすということに、なぜここまで注目させられるのか。
 本作品に生まれた新しい密室のために、作品の舞台も登場人物達のキャラクターもすべて揃っていた。探偵が探偵になることの不可解さも含め、人々の語りの一つ一つに人間が思考するということそれ自体の謎が語られているといっていい。記念すべき犀川教授、萌絵デビュー作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天才達の会話に引き込まれる

2019/05/11 22:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バリーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

天才達の会話を読んでいるだけでおもしろい。言い回しがユニークで心に残るフレーズがいくつかでてくる。ミステリー要素を抜きにしても日常的な会話だけでも楽しめる。
殺人事件も奇抜なトリックで、驚かされた。ミステリーとしても完成度が高く、他の作品も読みたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

登場人物の頭がよすぎて。。。

2019/01/22 01:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

理系小説と言う事で敬遠していた作家さんでしたが、本屋に平積みされていた本書のシリーズが気になり、ついに手を出す事に…(笑)
思っていたほど難解ではなく、読みやすかったです。
ただし、推理物としては難しく、確実に犯人は分かりません。
少し近未来的なツール達もたくさん出てきたりで、バーチャルな世界観でした。
天才だらけの登場人物のせいか、萌絵も充分天才なのに、ただのお嬢様になっちゃう当たりがスゴイ。
おなじ場面に自分がいたら、きっと相当頭悪いんだろうなぁ〜(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

完成度の高いミステリィ

2017/12/18 08:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルファ - この投稿者のレビュー一覧を見る

箱庭型のミステリィとして、後半から堪能した。ラストまで至る物語の構造は、完成度高い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

発表当時に読めなかったのが残念

2016/12/11 18:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こるこる - この投稿者のレビュー一覧を見る

トリックや動機については他の方々が充分書いていらっしゃるのでそちらに任せるとして。

前述のように、この作品が書かれた当初に読みたかったです。
当時の感覚では、仕事もコミュニケーションもコンピュータで済ませ、自室に籠りきりの研究者達が集う孤島の研究所、という舞台にある種の歪さを感じられたのではないでしょうか。
現代ではそんな研究者も珍しくなく、その不気味さも半減してしまったように思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。