サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. サラリーマン・サバイバル

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サラリーマン・サバイバル
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.1
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-387245-7
  • 国内送料無料

紙の本

サラリーマン・サバイバル (PATHFINDER)

著者 大前 研一 (著)

間違いだらけの就職、資産運用、独創的な企画発想法…。ボーダーレス経済の目で見るサラリーマンの生き残り術とは。Mr.ボーダーレスと世界で賞賛される著者の世界的コンサルタント...

もっと見る

サラリーマン・サバイバル (PATHFINDER)

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

間違いだらけの就職、資産運用、独創的な企画発想法…。ボーダーレス経済の目で見るサラリーマンの生き残り術とは。Mr.ボーダーレスと世界で賞賛される著者の世界的コンサルタントとしての仕事のやり方を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大前 研一

略歴
〈大前研一〉1943年北九州市生まれ。マサチューセッツ工科大学大学院で博士号取得。一新塾、アタッカーズ・ビジネススクールを設立。著書に「「知」のネットワーク」「変わる世界変われ日本!」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

1999/5/1

2000/10/26 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経PC21 - この投稿者のレビュー一覧を見る

堅実とされていた銀行や重厚長大産業にも倒産やリストラの嵐が吹き荒れ、ビジネスマンにとってこれまでの常識が通用しなくなってきた。企業の枠を超えた「知的ホワイトカラー」として自己を伸ばし、これからのデジタル社会を乗り越えていくための処世術を説く。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やりたいことを全部やれる人生の為には、まずは本書を読んでおこう。

2002/03/31 01:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダグ  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本のサラリーマンを元気にしようと、大前研一と堀紘一という我が国のコンサルティング業界の両巨星は、今日も精力的に執筆活動を続けている。本書は大前によるサラリーマンシリーズ第1弾。内容的には続編の「サラリーマン・リカバリー」の方が小生には面白かったが、本書は第1弾として存在意義はあり、それなりに読むべき内容は備えている。サラリーマンのあなたは、今日から何を考え、何をすべきか。読み終わる頃には、すっかり辞表を書く気になっていること請け合いだ。
 ゆっくりと、しかし確実に沈みゆく大企業という船に乗っているサラリーマンの皆さん、まわりを見て安心していてはいけない。本書を読んで、決断しよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/26 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/22 07:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/14 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/20 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/14 09:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/31 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/24 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/11 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/17 07:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/29 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/18 07:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/01 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/03 17:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む