サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 青い月の物語 Blue moon

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

青い月の物語 Blue moon
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:21cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-95032-6
  • 国内送料無料

紙の本

青い月の物語 Blue moon

著者 小浦 昇 (絵),青居 心 (詩)

うれしいことも たのしいことも いつかは終わる。かなしいことや つまらないことも いつの間にか過ぎ去る。終わりは、はじまり 新しい物語が そこからはじまる。小浦昇の銅版画...

もっと見る

青い月の物語 Blue moon

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

うれしいことも たのしいことも いつかは終わる。かなしいことや つまらないことも いつの間にか過ぎ去る。終わりは、はじまり 新しい物語が そこからはじまる。小浦昇の銅版画にやさしい詩をつけた作品集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小浦 昇

略歴
〈小浦〉1949年埼玉県生まれ。多摩美術大学美術研究科修士課程修了。第11回日動版画グランプリ展グランプリ受賞。ポスター、本の装丁、CDジャケットにも採用されている。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

月の音楽。

2002/06/15 02:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本箱屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

しんとした静寂の中に聞こえる夜の音楽を
紙の上に映しとったならばきっとこれがそうだ。

水に映る夜の月をすくいとったならば。
こんなふうにゆらめいているにちがいない。

蒼や碧の月や夜のカケラたちは
添えられた詩とともに
ひそやかにその夜に眠る。

ただ美しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ぜひ版画も見てください

2004/11/26 00:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 確か「月光浴」とか言う写真集があったと思う。わずかな月の光を明りとして撮った写真集だったはずだ。普段見慣れたものや風景が月の光を受けることで、こんなにも違った姿を見せるものなのかと思ったものだった。
 この「青い月の物語」には、版画なのに「月光浴」と同じ印象を抱かせる「青」がある。そこに描かれている風景や人物は、決して実際には存在しない姿をしているにもかかわらず。「青」にはやや冷たい印象がついてまわるが、ここでは月のほのかな光を際立たせる静かなやさしさがあふれている。
 数編添えられている青居心の詩も、小浦昇の絵の邪魔をしないように載せられている。あくまでも小浦昇の画集であるということを見せてくれる。
 実は、もともと小浦昇の版画が好きで手にした本だった。そして、本になってもやはり小浦昇の版画だった。そのあたりに気配りしている装丁だった。だからこそ、できることならぜひ版画も見てください。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/02 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/10 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/27 11:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/30 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/03 08:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/17 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/31 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/12 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/18 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/06 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/08 18:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る