サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Wild winter Blankey Jet City

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Wild winter Blankey Jet City
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:19cm/445p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-575-28916-7
  • 国内送料無料

紙の本

Wild winter Blankey Jet City

著者 高尾 知之 (著),Recca sha (編)

1991年から1998年にかけて行われたブランキー・ジェット・シティのインタビュー&レポート集。デビュー以前の写真や、メンバー自身の手によるエッセイも同時収録。【「TRC...

もっと見る

Wild winter Blankey Jet City

2,057(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1991年から1998年にかけて行われたブランキー・ジェット・シティのインタビュー&レポート集。デビュー以前の写真や、メンバー自身の手によるエッセイも同時収録。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

幸せな記憶の記録

2000/08/20 04:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:天宮タビト - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ブランキージェットシティの解散は、今年上半期のロックシーンでは間違いなく「事件」だった。「イカ天」でデビューし、独特の世界観をギター・ベース・ドラムというロックの最小構成で10年間表現しつづけてきたこの天下無敵の3ピースバンドが、シーンに与えてきた影響は決して少なくない。椎名林檎など彼らをリスペクトするアーティストの数もまた、半端ではない。

 ブランキージェットシティの公式サイトには連日彼らの記憶を求めて今も大量のファンが訪れている。彼らの中で幸福だったころの「記憶の記録」として今も読まれ、常に引き合いに出されているのがこの「Wild Winter」だ。
凡百のインタビュー本と違い、個人的に彼らと親しいひとりのライターが、ファンクラブ会誌用にずっと継続してインタビューして来た文章だから、本当に雑談に近いようなナマの声が聞ける。しかも彼らを知らない人間から見ればほとんど楽屋落ちのようなものになってしまうところを、絶妙のユーモアでまとめてあげているため、3人のロックミュージシャンの歴史を肌で感じさせる内容になっている。身体中に刺青を施し、コワモテの印象で知られる彼らが、こんなにも馬鹿で優しくておかしいヤツらであるということが、見ていて楽しくなってくるのである。

 解散が決して行き詰まりでなく、新たな模索の始まりであることを教えてくれる幸福な一冊であることは間違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/22 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/18 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/15 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/18 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る