サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. ビジネスで使いこなすAdobe Photoshop 5.0 企業ユーザーのためのグラフィックス活用術 For Windows & Macintosh

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ビジネスで使いこなすAdobe Photoshop 5.0 企業ユーザーのためのグラフィックス活用術 For Windows & Macintosh
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: アドビシステムズ
  • サイズ:21cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-948759-03-1
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ビジネスで使いこなすAdobe Photoshop 5.0 企業ユーザーのためのグラフィックス活用術 For Windows & Macintosh (アドビ公式ガイドブック)

著者 杉山 久仁彦 (共著),ラボ・アルファチャンネル (共著),DTPWORLD編集部 (編)

忙しいビジネスの現場でAdobe Photoshopを使うユーザーが、必要な項目に素早くアクセスできるよう目的別に編集し、簡単でスピーディーに画像の作成・補正・編集を行な...

もっと見る

ビジネスで使いこなすAdobe Photoshop 5.0 企業ユーザーのためのグラフィックス活用術 For Windows & Macintosh (アドビ公式ガイドブック)

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

忙しいビジネスの現場でAdobe Photoshopを使うユーザーが、必要な項目に素早くアクセスできるよう目的別に編集し、簡単でスピーディーに画像の作成・補正・編集を行なう方法をやさしく解説。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

画像処理ソフトのAdobePhotoshopをプレゼンテーションやWeb制作に役立てる手法を解説

2000/10/06 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 デジタルカメラやスキャナーなどで作成した画像データをビジュアルなプレゼンテーションやWebページなどの制作に利用する際に便利なプロ向けの画像処理ソフトであるAdobe Photoshop5.0を使って差をつける手法を紹介。ごく普通のビジネスマンでもプロ向けソフトをある程度使いこなせば,ひと味もふた味も違うプレゼンテーションが可能という。最初は画像処理・加工のある程度の技法を説明する。単に変形したり,フィルターをかけたり,αチャンネルやレイヤーを利用する初級編を解説する。簡潔に書いてあるが,結構な実力がつく気もする。
 プレゼン向けに迅速な画像補正や,高品質な画像を得るための画像補正などのやり方を丁寧に説く。たとえば,トーンカーブを操作する際に,効果を考えたやり方をじっくり解説。Webページに使うロゴや見出しの作り方は,素人の域を超える気がするが,デザイナーに注文をきちんと伝えるには,基礎知識があった方が的確に説明できよう。もちろん,本書のように自分で作成できれば,自分の狙った通りのものができる。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

コンピュータグラフィックス・画像処理 ランキング

コンピュータグラフィックス・画像処理のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む