サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 暦をつくった人々 人類は正確な一年をどう決めてきたか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

暦をつくった人々 人類は正確な一年をどう決めてきたか
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/343,5p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-22335-4
  • 国内送料無料

紙の本

暦をつくった人々 人類は正確な一年をどう決めてきたか

著者 デイヴィッド・E・ダンカン (著),松浦 俊輔 (訳)

人間だけが暦を持ち、暦によって生き、死んでゆく唯一の動物。ストーンヘンジやマヤ暦、ローマ皇帝からインドまで、暦の謎に挑んだ人たちの熱いドラマを通じ、2000年問題の根底に...

もっと見る

暦をつくった人々 人類は正確な一年をどう決めてきたか

2,484(税込)

ポイント :23pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人間だけが暦を持ち、暦によって生き、死んでゆく唯一の動物。ストーンヘンジやマヤ暦、ローマ皇帝からインドまで、暦の謎に挑んだ人たちの熱いドラマを通じ、2000年問題の根底にある全人類的な時間の区切りを解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

デイヴィッド・E・ダンカン

略歴
〈ダンカン〉ミズーリ州カンザス・シティ出身。ジャーナリスト、作家。『Life』誌の特派員として、またアメリカABC放送のプロデューサーとして活躍している。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

時を刻むことイコール歴史を残すこと

2001/03/07 14:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鈴木クニエ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 暦に関心をもったことがある人とない人はくっきりわかれるだろう。だが、人間がどうやって暦を作ってきたかをちょっと考えてみれば、誰もが暦のもつ大きな力と影響力を感じるはずだ。
 古代文明から現代までを、暦の歴史という視点で描いた本書は、まさに世界の歴史そのものだった。文明ごとに暦に挑んだ人々がいた。人が集まり、共同体を作るとき、暦が必要になるのだろうか。暦ができれば、「これまで」と「これから」という区切りをつけて、連続した時間の流れの中に自分たちを位置づけられるからだろうか。本書を読み、改めて「時を刻む」という行為の不思議さと面白さを、自分の生活に関連して考え直した。ただ、そのとき、生活を依拠している暦にどれだけ自分の感覚が縛られているかということに気づく。今のグレゴリウス暦しか知らない私は、太陰太陽暦で生じる1年13ヶ月はどうしてもぴんとこないのだ。
 暦について、時について、もっと知り、考えてみたい。

<目次>
序章 時間にかけられた網
1 孤独な天才が時間についての真相を訴える
2 ルナ−−時を惑わす月の女神
3 カエサルが太陽を採用する
4 輝く金色の十字架
5 静止する時間
6 修道士は指折り数えながら夢を見る
7 シャルルマーニュの砂時計
8 三六五・二四二一九九への長い旅路
9 知恵の館から暗黒のヨーロッパへ
10 ラティノルム・ペヌリア(ラテン世界の貧困)
11 時間をめぐる争い
12 黒死病からコペルニクスまで
13 時間の謎を解く
14 永遠に失われた一〇日間
15 原子時間で生きる
訳者あとがき
時の年表
図版出典
文献注記

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/07 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/23 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

時法・暦学 ランキング

時法・暦学のランキングをご紹介します一覧を見る