サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 日英の間で ヒュー・コータッツィ回顧録

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日英の間で ヒュー・コータッツィ回顧録
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 日本経済新聞社
  • サイズ:20cm/356p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-532-16284-X
  • 国内送料無料

紙の本

日英の間で ヒュー・コータッツィ回顧録

著者 ヒュー・コータッツィ (著),松村 耕輔 (訳)

仕事も趣味も「日本」。英国きっての日本通にして、信念を貫き通すことで知られる型破り外交官が本音で語った半生記。日本への深い愛情と歯に衣着せぬ手厳しい直言を伴った、滋味溢れ...

もっと見る

日英の間で ヒュー・コータッツィ回顧録

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仕事も趣味も「日本」。英国きっての日本通にして、信念を貫き通すことで知られる型破り外交官が本音で語った半生記。日本への深い愛情と歯に衣着せぬ手厳しい直言を伴った、滋味溢れる書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ヒュー・コータッツィ

略歴
〈コータッツィ〉1924年北イングランド生まれ。ロンドン大学卒業。1980年〜84年まで在日英国大使。退官後もロンドンのジャパン・ソサエティ理事長を務めるなど、日英交流に尽力。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日経ビジネス1999/4/12

2000/10/26 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:石田 護 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 半世紀以上、日本とかかわってきた元駐日英国大使ヒュー・コータッツィ氏の回想録である。英外交官として先輩にあたるアーネスト・サトウ氏は明治維新前後の日本について貴重な記録を残したが、コータッツィ氏もその体験を日本の戦後史、あるいは日英外交史として価値のある本書に結晶させた。
 本書を一貫する原理原則は「道義」である。かつて氏は、英国のスエズ出兵に抗議して辞職した先輩たちに強い印象を受けた。まさに人間の道義が問われたベトナム難民受け入れを当初拒否していたサッチャー首相を、英外務省が説得した事実を私たちは軽く読み流してはなるまい。
 英国人の不当な日本批判にも氏は断固反論した。昭和天皇崩御時の英国放送協会(BBC)の番組では、元英国人捕虜から「日本人になったのか」と揶揄されたが、主張を貫いたと聞いている。それだけに氏の日本に対する厳しい発言は、友人の忠告として傾聴すべきであろう。
 ボン駐在時代のドイツでは、個人に責任はなくとも、国として過去を償う必要が意識されていた。一方、日本人は占領地の住民への責任を認めることへの抵抗が見られたと氏は言う。南京事件などの歴史を否定したり、無視する動きは重大な間違いである。英国人捕虜にも日本が思いやりを示せば、とうの昔に日本への好意が生まれていただろうと指摘する。
 対日経済外交では、優秀ではあるが視野が狭い官僚との苦闘が続いた。競争が経営効率化を促すことを理解しなかった保護行政が、貿易摩擦を激化させただけでなく、今に見る邦銀や航空会社などの競争力喪失を招いた。日本の課題は、高コスト体質の原因である過剰な規制を、どれだけ早く、効果的に緩和するかである。
 社会通念の変化や倫理教育の欠如による若者の品行の悪さ、投票率の低下が示す政治的無関心の民主主義への危険性など、氏の心配は尽きない。日本では仕事にゴルフが必要との先輩の助言には反したが、誠実かつ精力的に大使の重責を果たした。同時に家庭を大切にし、日本の芸術・文化を愛し、古地図研究やその他数々の日本関連の著書を執筆して、充実した人生を送った。日本に多い仕事人間から見ると、うらやましい限りである。氏の日英交流の功績を称え、英国政府は氏をナイトに列し、日本政府は勲一等瑞宝章を贈った。
 日本を知り尽くしているコータッツィ氏は、日本人に関する一般論は部分的にしか真実でなく、日本人も他の国の国民同様、一人ひとりが異なっていると本書を結んでいる。氏にふさわしい総括である。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国 ランキング

外国のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む