サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 患者を生かす医者、死なす医者

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

患者を生かす医者、死なす医者
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-209421-5
  • 国内送料無料

紙の本

患者を生かす医者、死なす医者

著者 大鐘 稔彦 (著)

第一線の外科医として活躍してきた著者が、医者の腕の善し悪しから手術が失敗する理由、インフォームド・コンセントの難しさまで、医者の本音、病院の建前を語りながら、患者にとって...

もっと見る

患者を生かす医者、死なす医者

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第一線の外科医として活躍してきた著者が、医者の腕の善し悪しから手術が失敗する理由、インフォームド・コンセントの難しさまで、医者の本音、病院の建前を語りながら、患者にとって良い医者、良い医療とは何かを問いかける。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大鐘 稔彦

略歴
〈大鐘稔彦〉1943年愛知県生まれ。京都大学医学部卒業。明浩会西大宮病院長、上尾甦生病院長等を歴任。外科医として活躍。著書に「癌の告知」など。高山路爛のペンネームで「メスよ輝け」の原作担当。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

名医は大病院にいるとは限らない。名医が大病院にいるとは限らない。

2002/04/30 11:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大和 和寿子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

手術の公開、エホバの証人の無輸血手術などの最先端医療を含め、6000件の手術を手がけた
ベテラン外科医が描く 医者の姿、病院の姿から、医者の真実、病院の真実が見えてくる。

著者が新米医師だった頃、先輩医師より「外科医は一生のうち10人の患者を殺める」と言われ、
まさかと思ったが、それは あながち間違いとは言えないと気がつく。

手術が失敗するのは、おおかた医者の未熟さ、医者の体調・精神状態の不備が原因である。
しかしながら、何千回とメスを握ってきた名医にも 第一回目の手術はあり、その積み重ねで
名医と育っていくという事実がある。

名医、患者にとって良い医者とは? 
医者のあるべき姿とは。患者はどのように医療にかかわっていくのが良いのか。
等身大の医者の実態を描きたかったという本著から答えのヒントが見えてくる。

そして等身大の医者の実態を描いた著者の誠意、熱意が伝わってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/21 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

医学読みもの ランキング

医学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む