サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. マス・メディアの時代はどのように終わるか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マス・メディアの時代はどのように終わるか
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 洋泉社
  • サイズ:20cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89691-351-5
  • 国内送料無料

紙の本

マス・メディアの時代はどのように終わるか

著者 矢野 直明 (著)

「ASAHIパソコン」初代編集長であり、日本の新聞社初のホームページを立ち上げた著者が、パソコンやインターネットの発達の変遷を辿る。さらに、これら新メディアの特質とオンラ...

もっと見る

マス・メディアの時代はどのように終わるか

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ASAHIパソコン」初代編集長であり、日本の新聞社初のホームページを立ち上げた著者が、パソコンやインターネットの発達の変遷を辿る。さらに、これら新メディアの特質とオンライン・ジャーナリズムの可能性を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

矢野 直明

略歴
〈矢野直明〉1942年生まれ。東京大学文学部社会学科卒業。「月刊Asahi」等の編集長を務める。現在、総合研究センター主任研究員。共著書に「巨大科学の挑戦」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日経コミュニケーション1999/4/5

2000/10/26 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:篠田  伸二 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マスメディアの外堀は少しずつ埋められてきている。娯楽産業,総合商社,流通大手,コンピュータ・メーカー,ネットワーク関連企業など,これまでメディアとは縁のなかった異業種企業群がマスメディア業界との国境線を軽く飛び越えて攻め入りつつある。
 すべては,コンピュータの発達から始まった。株式時価総額で見ると,すでにAOLが米国テレビの三大ネットワークの一つCBSの5倍以上になり,ヤフーがNYタイムズを追い抜き,Amazon.comが全米書籍販売最大手バーンズ・アンド・ノーブルの約2倍になっているという事実。株式市場の動きはメディアの地殻変動の明らかな予兆だ。
 昔は「足の速いやつ」がクラスのヒーローだったが,今じゃ「指の速いやつ」,「ゲームのうまいやつ」がヒーローらしい。起承転結を用意した懇切丁寧なドラマを作っても,冒頭に面白いところがないとディジタル世代には簡単に飛ばされてしまう。しかも,そういうディジタル感性が,コンピュータやゲーム以外の分野でもどんどん新しいマーケットを生んでいる。
 マスメディアを当たり前のものとして受け入れてきた旧世代が大勢を占めている限り存続の余地はあるものの,新世代がそれを追い越すとき,マスメディアの地位は確実に揺らぐ。自らのアイデンティティを見失いそうになりながらも,生き残りのためには他の産業とともに「新しいかたち」を目指すしかなく,その場に立ち止まっていてはいずれ消え行くのも仕方がない。官僚組織と同じく,護送船団方式で守られてきたマスメディア独占の時代は世紀末に来て終わりを宣告された。
 朝日新聞というマスメディアの本流にいた著者がコンピュータという「素材」に出会い,その後インターネットをはじめとした「情報革命」の渦に巻き込まれ,本書タイトルに思い至る過程を冷徹にドキュメンタリで語る。本書は,現在マスメディアの傘の下で安穏と暮らしている鈍感でプライド高き時代遅れのマスコミ人と,これから大いなる夢を抱いてマスメディアという幻想を目指す若者へ,辛らつでインテリジェンスに富んだ警鐘を鳴らす。
 しかし今は,ただ終わりを悲観的に眺める時期ではなく,新旧メディアを融合させながら「新しいかたち」を生み落とす絶好の機会でもある。これを読んでただ暗くなるやつはもうマスメディア・サイドから去った方がいい。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む