サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

沈黙
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:1993.3
  • 出版社: 全国学校図書館協議会
  • サイズ:19cm/35p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-7933-8112-X
  • 国内送料無料

紙の本

沈黙 (集団読書テキスト)

著者 村上 春樹 (著)

沈黙 (集団読書テキスト)

199(税込)

ポイント :1pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

集団読書テキスト中・高校向き 59巻セット

  • 税込価格:12,050111pt
  • 発送可能日:購入できません

朝の読書特選セット中学高校向きBセット 20巻セット

  • 税込価格:4,19738pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本当に怖いもの

2015/10/13 04:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

「沈黙」は1996年刊行された「レキシントンの幽霊」に収録されている短編小説だ。それ以上に1980年代生まれの人にとっては朝の10分間読書として馴染み深いはずだ。平凡で目立たない高校生がクラスの絶対的な存在「青木」と衝突することで悪意あるデマに巻き込まれていく。おそらくスマートフォンやパソコンが普及した今の時代だったら、もっと陰湿な目にあっていただろう。何よりも恐ろしいのは、いつの時代も人間の心そのものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

沈黙

2002/03/20 12:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シュジュギュイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 出版社がマイナーなだけにあまり知られていない本作品だが、短編の中では一番好きな作品だ。濃密な時間が流れる描写にひきこまれる。ラストの「ビールが飲みたくなったね」という、村上作品にありがちな部分がなければパーフェクトである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中高生の皆さんには、主人公自身も無謬ではないことに気づいてほしい

2004/11/27 09:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

 飛行機を待つ間、「僕」は同行の大沢さんから中高時代の苦い体験談を聞くことになる。同級生の青木によって大沢さんは周囲の信頼を一切失ってしまう事件に遭遇していた。今の大沢さんの心根を作ったともいえる、その苦しい半年とは…。

 全集にも収録されている村上春樹の掌編を、副読本の体裁で出版したものです。中高生が国語の授業で議論の対象とするために作られたのでしょうが、「○頁の主人公の気持ちについて考えてみよう」といった設問がないぶん、自由に読むことが許されるといえます。

 証拠もないまま大沢さんは「疑わしい奴」として、周囲の人々から遠ざけられることの恐怖をとことん味わい、そして今もそのことに苦悶しています。彼の体験は学校社会のみならず、今も世界のどこかで日常的に起きています。猜疑心が人の心や人生をいとも簡単に壊してしまうことの怖さと哀しみを、まずは見つめるべき小説といえるでしょう。

 しかし中高生の読者にはさらに奥まで見つめてほしいと思います。
 実は大沢さん自身も無謬ではありません。彼は自身が蒙った災厄の源に「青木がからんでいるなと」(21頁)思い込んでいるだけです。大沢さんにとって青木は「要領の良さと、本能的な計算高さのようなものが最初から我慢できなかった」(9頁)男です。大沢さんはこのように青木に対して、気に入らないというだけで冷静さを欠き、青木の関与を示す証拠がないにも関わらず、迷うことなく猜疑の目を向けるという過ちを犯しているのです。

 読者はだからこそ村上春樹が、大沢さんの前に「僕」を対置したことの意味を読み取る必要があります。読者は無批判に、そして無邪気に、大沢さんに自分を重ねるだけで満足してはなりません。むしろこの「僕」にこそ読者は自分を重ね合わせ、いかに大沢さんを見つめるべきか、それが問われているといえます。

 漱石の「こころ」の構図にも似た、実に手強い小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/14 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/09 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/26 02:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/28 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/13 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/09 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/04 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/10 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/08 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/12 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/12 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む