サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. Dr.ヘリオットのおかしな体験

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Dr.ヘリオットのおかしな体験(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1981.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/489p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-760069-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

Dr.ヘリオットのおかしな体験 (集英社文庫)

著者 ジェイムズ・ヘリオット (著),池沢 夏樹 (訳)

Dr.ヘリオットのおかしな体験 (集英社文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

バトル・オブ・ブリテンとヨークシャーの片田舎で牛や馬を相手に孤軍奮闘するヘリオット先生

2007/01/31 19:20

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:緑龍館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 読んだ本の奥付をみたら昭和56年の第一版となってましたから、買ってから 20年以上経って読んだことになります。とてもいい本だったうえに、今でも現役みたいなのがうれしい。翻訳が池澤夏樹なんですよね。これもまたなんとなく嬉しかった。
 ヨークシャーの片田舎で牛や馬を相手に奮闘する獣医のヘリオット先生と地元の人たち・動物たちとの心温まるエピソードを綴ったエッセイですが、この田舎でのほんわかしたお話しとイレコで、第二次世界大戦、英国空軍でパイロットとして訓練を受けるときの軍隊生活のありさまが短く綴られて行きます(ハードな軍隊生活の合間に田舎での獣医の頃を思い出す、というような設定)。軍隊でのお話もユーモアのある筆致でほんわかしたお話が主体ですが、史上まれに見る激戦のひとつとして知られるバトル・オブ・ブリテン(英国上空を舞台にしたドイツ空軍と英国空軍の戦いのこと)真っ盛りの頃のRAF(英国王立空軍)ですから、登場する戦友のうちのかなりがロンドンの空に散ってしまったんでしょうね。そんな気取りや血生臭い雰囲気は完全に排除されていて、文章の中には全く見られません。お話の主体はあくまでも、田舎での獣医としての生活ですが、そのために却って、ヨークシャーの美しい自然の描写や、そこで生活する人々の平和で人情に溢れた有様が際立って感じられます。

→ 緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヘリオット先生ものの最高傑作

2002/06/21 23:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヘリオット先生は、英国ヨークシャーに実在した獣医(ただしヘリオットはペンネーム)。さまざまな人々と動物たちとの触れ合いを、ユーモアと愛情をこめて、エッセイ風につづっている。ヘリオット先生の本はどれも、ほのぼのとした、心温まるタッチが楽しめるが、何と言っても本書が最高だと思う。

本書を特徴的にしているのは、ヘリオット先生が第2次世界大戦で徴兵された時の話である事。軍事訓練を受けながら、今までの田舎獣医としてのエピソードを思い出す…という形で書かれているが、この軍隊生活と獣医生活とのはなはだしいギャップが、本書を非常にメリハリのある、印象的なものにしている。

辛いはずの軍隊生活も、ヘリオット先生の筆にかかると、とてもユーモラスでおもしろいものになるから不思議だ。また、頼りない新兵だった彼が、厳しい訓練で一人前の兵士に成長していくにつれて、これからどうなるのだろう、彼は前線に行って戦うのだろうか…というサスペンスも楽しめる。高齢になってから本を書いているので、戦死しない事はわかっているのだが。

また、獣医としてのエピソードも、「おかしな」という邦題が示すように、1つ1つの話が飛びっ切り変わっていて、鮮烈な印象を与える。兵隊生活がなくても、この本が断然最高。読んだのは10年以上も昔だが、たいていのエピソードを今でも覚えている。どれも心に残る話ばかりで、一部を紹介するのも、どれにしようか迷ってしまって難しいのだが、あえて挙げるとすれば…特に泣けるのは、死期を迎えた母猫が、親切な人間の手に子猫を委ねる話、特に笑えるのは、子牛の原因不明の毒物中毒に頭を悩ます一方で、家では獣医見習いのトリスタンの手料理(黒いマッシュポテト!)に悩まされる話だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/30 13:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/25 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/14 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/28 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/05 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/05 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/19 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/03 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る