サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三つ首塔 改版(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.9
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/364p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-130406-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

三つ首塔 改版 (角川文庫 金田一耕助ファイル)

著者 横溝 正史 (著)

三つ首塔 改版 (角川文庫 金田一耕助ファイル)

605(税込)

金田一耕助ファイル13 三つ首塔

583 (税込)

金田一耕助ファイル13 三つ首塔

ポイント :5pt / 紙の本より22おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー38件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

主人公の色っぽさに惹かれる

2017/02/11 16:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kissho - この投稿者のレビュー一覧を見る

初読→TVドラマ→再読の流れですが、筋は分かっていても面白い。多分、音禰(ドラマでは真野響子)の色っぽさが印象的なので惹かれるんでしょう。八つ墓村とかと比較すると、どうしてもスケール感が劣ってしまいますが、横溝作品の中でも好きな作品の一つです。全体として、ミステリー色、オカルト色を恋愛色が上回っているような作品と言えるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋愛小説に近いかも?

2002/04/29 12:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みこけん - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼い頃に両親を亡くした女性に、莫大な遺産相続の話が
持ち上がりますが、その遺産を相続するには、見知らぬ男との
結婚が条件となっています。
そんな時、戸惑っている彼女に一人の男が近づきます。
強引だけれども抗うことの出来ない男の魅力に、彼女は
心も体も溺れてしまいます。
金田一耕介の登場する話なので、それなりに殺人事件も
からみますが、先の男女のハラハラする関係に重点が置かれて
いる感が強いので、彼の存在感は極めて薄いものに
なっています。
でも、何故かとても余韻の残る作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「ロック」に手を引かれ、ジェットコースターミステリーへ!

2005/02/15 04:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:POPPO - この投稿者のレビュー一覧を見る

数ある金田一耕助作品の作品の中でも、映画化で著名なもののなかこの
作品は丁度中間的な出来だなと思った。

代を経て殺人へ展開する因縁、べっとりとまとわりつくような情念は
横溝正史の得意芸だが、異色作と言われる「八つ墓村」の冒険要素も
盛り込まれ、じっとり読むミステリーというよりも、場面展開も早く、
どんどん読み進んでしまうハラハラドキドキのサスペンスに仕上がっている。
金田一耕助は好きだけど怖いのが嫌いな私には非常に読みやすい作品
だった。しかも、空間的物理的なトリックも少ないので、一生懸命現場をイメージする努力を必要としない(筆者は「本陣殺人事件」のトリックがいまだにビジュアル化できない)点も大いにありがたい。

ある日突然に100億という巨額な財産の相続候補になったことを告げられたヒロイン。そしてその女性を過酷なまでに追い詰めながら引きずり回す謎の
男。理性では拒みながらも肉体的に離れられないほど魅かれてしまいながら
堕落していく彼女。相続争いで次々に起こる殺人事件と忍び寄る殺意。
そして二人が流れ着いた先は不気味にそびえる「三つ首塔」。
冒頭の書き出しの掴みは十分過ぎるほど凄みが効いてインパクトがある。

大変失礼かもしれないが、筆者は読み進むうちにこの「謎の男」が手塚マンガ
に必ず出てくる悪役キャラクター「ロック」に思えて仕方がない。ヒロインに感情移入した筆者は悪魔のように笑いながら強引に手を引く彼に引きずりまわされ、
間一髪の危険ひしめく間隙を縫うように猛スピードですり抜けていく。

また通常作品では最後のほうに金田一名探偵による「謎解きタイム」が設けられているところ、この作品は途中途中でトリックがばれていくところも趣向が一風変わっていて楽しめる。読み手が話の進行とともに謎解き競争にハマっていく。

難をいえば、犯人の動作の細かな解説が不十分でもやもやが消えない点と、
そういえば金田一さん、今回は謎を解く前にほとんど人が死んじゃいましたね…。
と、謎解きの詳細にはちょっと消化不良。
でもそれをしのんで余りある二人の「逃避行劇」は一読の価値あり、です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/14 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/16 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/24 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/21 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/15 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/03 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/21 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/01 05:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/30 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/12 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/21 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/14 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る