サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 竜馬がゆく 新装版 8

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

竜馬がゆく 新装版 8(文春文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 183件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/441p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-710574-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

竜馬がゆく 新装版 8 (文春文庫)

著者 司馬 遼太郎 (著)

竜馬がゆく 新装版 8 (文春文庫)

702(税込)

竜馬がゆく(八)

700 (税込)

竜馬がゆく(八)

ポイント :6pt / 紙の本より2おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー183件

みんなの評価4.7

評価内訳

紙の本

竜馬が逝く

2012/08/18 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sleeping lion - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後の数十ページまで、龍馬は走り続けた。
すごい。本当にすごい。

大政奉還を成し遂げた瞬間。涙がこぼれました。
新政府の役職に、龍馬は全く興味がなく、すべて薩摩を中心に立てた。
本人は「世界の海援隊を作りたい」と。
私心なく、ただ一人、日本人で在り続けた男。

大学生の頃に読んでおきたかった!(笑)
龍馬にはなれなくても、自分を変えるチャンスにはなれたかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

坂本龍馬の人生を見届けた

2015/03/29 11:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maxelchan - この投稿者のレビュー一覧を見る

龍馬の人生をかけた大仕事がクライマックスを迎え、とうとう大政奉還の成る最終巻。尊皇攘夷、薩長同盟、倒幕運動、…歴史の授業で丸暗記してきた単語たちの裏にこれ程までにドラマがあったのかと心が震えた。特に大政奉還が物語の中で成立した瞬間、まるでその場にいるかのような興奮を覚え、涙が溢れた。幕末を生き命を懸けて国を変えようと奔走し、日本という国を迫り来る外国に明け渡すことなく我々に遺してくれた先人たちには心から感謝申し上げたい。一生のうちにそう何度も出逢えないであろう人生観を変えてくれる壮大な物語であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生変わりまっせ!

2001/05/24 19:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坂木竜馬 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は、ぼくにとって人生で出会ったもののなかで、最も素晴らしいもののひとつです。喜び、希望そして夢を与えてくれたからです。だから、もし、今迷っていてなかなか前に進めずにいる人がいたら、その人は是が非でも読んでください。今なすべきことがわかって、きっと扉が開けます。
 この本を読んで、今の日本にいいムーブメントを起こしましょう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

奇想をもって天を回す

2001/12/24 17:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sayu - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大政奉還のそのくだりを読む間、いくつもいくつもいくつも息を吐いた。胸に溜まるものを小さく、何回も吐き出した。国の為に無心になった2人の人間を思った。
 明治維新の最大の意義は、植民地政策に躍起になる列強に喰らわれない、政治的転換をなしとげたことである。着想を得た者・坂本竜馬と、それを英断した者・徳川慶喜が同時に存在したことは、日本史史上、最大の幸運だったのではないか。お家も藩もなく、初めて「日本人」として生きた彼等の遺伝子が、意思が、私達の体に生きていること、それ以上に何を誇りとすべきであろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

神の子

2002/03/22 18:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LR45 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 坂本竜馬の生涯を振り返ると、まさに幕末維新の為に生まれてきたようなおとこであるような気がする。その生き様、そして死に様を見ると、まさに神の子としか言いようがないような気がする。幼い頃は愚童と呼ばれたが、しかし、長じて大器晩成という言葉を彷彿とさせるような開花をした。
 司馬遼太郎の著作は色々と半分以上は読んでいるが、「竜馬がゆく」が代表作といわれるのは全く納得のいくことである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

竜馬と歳三

2002/07/09 05:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すまいる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 衆人がみな善をするなら、おのれひとりだけは悪をしろ。逆もまたしかり。英雄とは、自分だけの道をあるくやつのことだ。(本文より)

 司馬遼太郎の小説に描かれた人物はしあわせ者である。なかでも『燃えよ剣』の土方歳三や、本書の坂本竜馬は、特に著者のお気に入りの人物だったに違いない。小説を読んだ人間が作品から感じる彼らの魅力は、並大抵のものではない。その並でない魅力は、著者の愛情なくして生まれ得るものではないはずだ。

 『燃えよ剣』での土方歳三然り、本書の坂本竜馬にも、さらに溢れんばかりのカリスマ性が備わっている。読者は「あんな奴が友達だったら、退屈しないだろうな」と思うだろう。僕なんか「こうゆう奴になら斬られちゃってもいいかもしれない」なんて思ったほどだったのだから(刀でこう、ざっくりと。笑)それくらいは思っても、ちっとも不思議じゃない。

 土方歳三の自らの美学にのっとった「ある種頑ななまでの」生き様に対して、坂本竜馬の生き方はいささかしたたかに思える。大志を成し遂げる為には武士のプライドなんてあまり気にしていないような一面もある。そして一見それをひょうひょうとこなしているようにも見える。幕府の滅亡とともに散っていく土方歳三と、新たな時代の礎を創ろうとした坂本竜馬とのみごとなコントラストだ。 でも! それにもかかわらず、僕は彼ら二人が「とても似ている」ように感じるのは、なぜだろう? 

 おそらく実際には言葉を交わしたことは無いであろう、坂本竜馬と土方歳三。ぜひ本書『竜馬がゆく』と『燃えよ剣』両方を読んで、司馬遼太郎が選んだ幕末のカリスマの魅力をかみしめて欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かわいそうじゃないか

2002/08/01 02:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一社会人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「長州がかわいそうじゃないか」
朴訥なこの一言が日本の歴史を回転したのです。言葉は言葉そのものではなく、言葉を発する人間が、その重みを決めるのです。
司馬遼太郎さんのいうとおりです。最近ジョー&飛雄馬がはやり、ポスターなんかで「男ならたとえどぶの中で死のうとも前のめりに死ね!」ってな言葉が竜馬の言葉として紹介されたりして、思わず思い出して投稿してしまいました。
日本男児なら読むべし!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

男たちのそれぞれの志(こころざし)

2009/12/09 13:47

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桔梗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

幕末という激変する時代 
それぞれに己を貫き 駆け抜けた男たちの姿は実に魅力的

特に竜馬の生き生きとした姿 そして“志”に共感

おのおのがその志のままに生きよというのが竜馬の基本的な考え
フィールドやアプローチの仕方はそれぞれでも それを理解し認めて生かしてくれる 
そんな心寛やかな竜馬だから人が集まったのだろう

そうして持ち寄られた人々の知恵と力によってなされた偉業 薩長連合とそれにつづく大政奉還
それが竜馬の念願であったのかと思いきや その後の新政府の計画には自分の名を連ねず『世界の海援隊をやりたい』と言う

皆が幕府を倒し新しい政府を 新しい日本の国づくりをという時に 
彼が見ていたのは 海の向こう
なんという大きさだろう

そして 海の向こうへという思いを暗殺という形で断ち切られた竜馬
さぞかし無念だったろうと思って読み進めていたが それはどうやら違う

この世に生を受けたのは何か事を成すためと思い生きていた彼には 
途中で命を落とすことは 怖いことでも何でもなかったのかもしれない
むしろ 何もせず面白みのない平凡な日々を送ることの方が嫌だったのだろう


『面白き こともなき世をおもしろく 住みなすものは 心なりけり』

高杉晋作の残した言葉のとおり
自分の人生 心もち次第でおもしろくもなればつまらなくもなる
おもしろく生きるためにも ぜひ心の真ん中に“志”を

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/04/10 03:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/06 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/29 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/11 08:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/14 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/30 08:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/09 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る