サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

舞踏会・蜜柑(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:1968.10
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/260p
  • ISBN:4-04-103304-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

舞踏会・蜜柑 (角川文庫)

著者 芥川 竜之介 (著)

舞踏会・蜜柑 (角川文庫)

514(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

舞踏会・蜜柑

497 (税込)

舞踏会・蜜柑

ポイント :4pt / 紙の本より17おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

きりしとほろ上人伝
蜜柑
沼地

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

舞踏会の三つの道具・海兵と菊と花火

2000/08/18 17:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Akiyoshi - この投稿者のレビュー一覧を見る

概略としては、明治19年に鹿鳴館で舞踏会が催され、
その場に主人公(女17歳)が社交界デビューをする日のことである。
彼女は容姿が華麗で、主にその自意識や優越感を中心として、
感情の流れは構成されている。
その流れで特筆すべきは、途中彼女と踊る外国人海兵である。
彼こそがピエル・ロティなのだが、
彼女と踊り終わった後に呟く全ての言葉に、
虚飾を求めて装いつづける人間への「皮肉な微笑の波」が込められており、
感情の動きと同調した、情緒的なレトリックを味わえる。
そこで大きな役割を果たすのが「菊」と「花火」とである。
連想できる比喩的な言葉に、咲く・散る、などがあるが、
他の花ではなく「菊」としたところにも意味を汲み取りたい。
当然鹿鳴館ゆえに天皇としての菊が飾ってあり、
それを必然的に用いることにもなったのであろうが、
大輪の菊という非常に人手を必要とし、華奢で折れやすく、
そして葉よりも花が異常に肥大している植物としての特徴に、
何らかの意味を持たせていると考えれば、
背後に芥川自身の「皮肉な微笑」が浮かんでくるように思える。

この小説は、海兵の言葉と、菊と、花火の用いられ方に注目すれば、
よりおもしろく味わえるだろう。
近年のものにはあまり見られない、
小説全体で成立する、文学的なレトリックを堪能できる作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/22 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/04 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/26 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/08 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/05 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/24 12:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/03 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/10 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る