サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自殺の殺人(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-15917-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

自殺の殺人 (創元推理文庫)

著者 エリザベス・フェラーズ (著),中村 有希 (訳)

自殺の殺人 (創元推理文庫)

562(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

ますますおもしろく

2016/12/21 09:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ななちゃん大好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

トビーとジョージの強烈ユニークなコンビが大活躍のこのシリーズも第三弾でますますおもしろくなってます。非常にややこしいストーリーですが、登場人物のキャラが立っているので読みにくいという事もなく、このシリーズ通して同じ女性翻訳者がなかなかお洒落な技を見せています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

有栖川有栖もおすすめ?上手い本格ミステリ

2002/03/01 01:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キイスミアキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 霧の立ち篭める海岸を持った町アスリントンをふらりと訪れたトビーとジョージのコンビは、嵐の中、身投げをしようとしている男性を助ける。命を助けられながらも不機嫌なその男は、気づかう家族にも心を閉ざしたまま、翌朝の早くに仕事場にでかけると、銃によってこの世から去ってしまう。
 
 自殺をとげようとしていた男が死んだのだから、これは自殺なのか。それとも、自殺にみせかけた他殺なのか。それとも、別の可能性が?
 
 有栖川有栖曰く、幻の巨匠として永きのときにわたって日本のミステリファンの間では《失われいた環》となっていた、ミステリ作家エリザベス・フェラーズの長編第二作。第一作目の『猿来たりなば』で登場した、犯罪ジャーナリストのトビー・ダイクと、その友人にして事件捜査の相棒でもあるジョージが活躍する、トビー&ジョージシリーズの続編でもある。
 
 このシリーズの特徴は、一見、名探偵的な外見や行動力、推理力などを備えたトビーが、実は最後の謎解きを行う名探偵なのではなく、丸い身体でのんびりとした相棒のジョージが、謎の解明という大役を仰せつかっているという、逆説的な設定にある。この設定によって、作品全体に漂っているパロディの要素が上手く生かされている。
 
  
 主人公のトビーは、若いころの心の傷がもとで、若い女性と話すことが苦手という人物。彫りの深い顔つきの、見ようによってはハンサムな青年。犯罪ジャーナリストを職業としている。
 のほほんとした相棒のジョージは、元々犯罪者であったが、それを犯罪オタクのトビーが、犯罪の話をウンザリするほど聞かせて改心させたという経歴の持ち主。
 
 ジョージの改心というエピソードは、ブラウン神父と怪盗フランボウのパロディだろう。もっとも改心させられるのが、丸く短くはちきれそうな身体の(まるでブラウン神父のような)ジョージなのだから、探偵と相棒との立場がここでも逆転している。ブラウン神父というキャラクター自体が、背が高くスマートで頭脳が明晰という、シャーロック・ホームズの作り上げた名探偵のイメージに対する逆説的な存在なのだから、ジョージの生い立ちは、パロティのパロディという複雑なものになる。ジョージ存在こそが、本シリーズを象徴しているとも考えられるだろう。
 
 悲惨な殺人事件に、救いとなるようなユーモアをバランスよく配し、悲劇的な死を受け容れなくてはならない残された人々にとっても、幸福なエピソードを用意しているあたりは、エンターテイメントである小説としてバランスのよさを感じる。作者のセンスだろう。
 
 あとがきを書いているのは、ミステリ作家の有栖川有栖。好きなことをやっているとき、この人は本当に好きなように文章を書いている。しかも、マニアだということを、インクの黒と一緒にしっかりと紙に滲ませているから、偏愛しているんだという雰囲気まで伝わってくる。愛と配慮のあるあとがきは、作品の終わりよりも後に書かれているだけの価値がある。その価値のないあとがきが、ときには素晴らしい作品の出来栄えを台無しにすることもあるのだから、有栖川のあとがきは安心して読むことができる。
 
 この作品でもっとも評価されるべきは、自殺なのかそれとも他殺なのかという、単純だが申し分のないテーマを、素晴らしい構成とキャラクターで書き上げているという点にあることは間違いない。ただ古めかしい様式を守っているだけではなく、単純な謎こそが持っている大きな可能性を、見事なまでに引きだしている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自殺か他殺か

2001/08/23 11:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 死んだ男は自殺かそれとも他殺か。そんなシンプルな謎だけで最後まで読ませる。二転三転する推理に、ユーモアのきいた会話、すっきりとした解決とこのシリーズの特長がよく出ている。
 「猿来たりなば」を楽しめた人におすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/09 02:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/26 13:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/27 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/10 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/07 07:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/13 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る