サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1999/01/20
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-149436-8
新書

紙の本

古事記と日本書紀 「天皇神話」の歴史 (講談社現代新書)

著者 神野志 隆光 (著)

古事記では死んで黄泉に行くイザナミが日本書紀では死なない──両者を別の神話として読む画期的論考【古代天皇神話】──『古事記』『日本書紀』において、神話は、天皇の物語の1部...

もっと見る

古事記と日本書紀 「天皇神話」の歴史 (講談社現代新書)

税込 946 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古事記では死んで黄泉に行くイザナミが日本書紀では死なない──両者を別の神話として読む画期的論考

【古代天皇神話】──『古事記』『日本書紀』において、神話は、天皇の物語の1部であった。それは天皇神話というべきなのである。「古代神話」とか、「日本神話」とかいうのは正しくない。まず、『古事記』でも『日本書紀』でも人間のはじまりについて語ることがないということに、きっかけをもとめてはじめよう。世界としての成り立ちを語るのは、イザナキ・イザナミの国作りの話である。イザナキ・イザナミが男女として交わって、「大八島」の島々や、海・風・木・山・野等の神を生む。二神が生むというかたちで、国土とさまざまな自然的要素の出現を語るのであり、まさに世界の生成を語るものである。話の筋だてからいえば、『古事記』も『日本書紀』もほぼ同じだが、いすれにせよ、そのイザナキ・イザナミの話のなかで人間のはじまりについて語ることはないのである。──本書より【商品解説】

目次

  • ●本居宣長『古事記伝』をめぐって
  • ●中世の『日本書紀』
  • ●古代天皇神話
  • ●人間のはじまりについて語らない神話
  • ●『古事記』の神話的物語
  • ●『日本書紀』の神話的物語
  • ●陰陽の原理による世界の物語
  • ●多元的な古代天皇神話
  • ●神話の一元化
  • ●近代国家における『古事記』『日本書紀』

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

少しむずかしい…?

2001/09/19 15:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LR45 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 講談社の新書なので、一般向けかと思ったのだが意外と専門色の強い本。しかし、読みにくくはなく、古事記と日本書紀の相違点について詳しく書いてある。日本の神話について深く知りたい人には、是非おすすめする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天皇神話

2019/08/11 13:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

古事記と日本書紀を比較した本はいろいろある、その中のひとつとして読んだ。それぞれについて書かれている部分があったりするのは良かったが、少し難しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読後感は今一つ

2017/03/22 00:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょひょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

古事記と日本書紀への興味から購読したが、内容は期待していたものではなかった。

著者の主張は、古事記と日本書紀は違うものだ、ということで、それを様々な資料(記紀の文章)を根拠に説明していく。
その論証について、素人である私が口を挟む余地はないのだが、「それで?」という気がしてしまう。
例えば、古事記と日本書紀がそれぞれ別の神話であるとするなら、なぜ天武天皇は両方の編纂を命じたのか、といったことの解説を知りたかった。

安易な想像によってストーリーを描かない、とする姿勢は感心するが、研究者ではない、一般読者としては物足りなさを禁じ得ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/18 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/23 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/25 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/14 06:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/25 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/24 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/18 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/05 09:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/08 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。