サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ためらい(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.1
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/188p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-760355-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ためらい (集英社文庫)

著者 ジャン=フィリップ・トゥーサン (著),野崎 歓 (訳)

ためらい (集英社文庫)

391(税込)

ポイント :3pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

2007/01/04 15:05

投稿元:ブクログ

これまで読んだトゥーサンの本のなかでは最も好き。一帯が寝静まった頃、ビアッジ宅に潜りこみたくて仕方がない!

2009/01/05 08:46

投稿元:ブクログ

 ということで、浴室に続き。
 
 浴室とためらいの主人公は同一人物なのでしょうか。
 だとしたら…うん。人の性質はそう変わらないこと。

 「孤独」の見え隠れする「普通でない感覚」。
 これを持つ人、持たない人の差を歴然と見せ付けられた気になる。

2011/03/11 02:04

投稿元:ブクログ

 トゥーサンの小説には筋といった筋がない、とよく言われる。もうすこしくわしく言えば読者を文章にひきつけさせるための、「読ませ」るための要素としての筋がない。トゥーサンは常に語ることによって、語ることじたいの持つ、文体芸ではなくてもっと純粋なかたちでの語りによって読者に文章を「読ませ」る。だとしたら、たぶんこの小説はそうしたたんに文体ではないところでトゥーサンの書く文章が持つ魅力がぞんぶんに味わえると思う。

2012/05/15 08:15

投稿元:ブクログ

特に何か事件が起こるわけでもなく、主人公の行動とためらいが描かれる。ミステリアスで、少しずつヒントが提示されるのかと思いきや、どこにも行き着かない。
通勤途中に読んだが、そういうせせこましい読み方は似合わない本かもしれない。生暖かい雨の日に、波の音を聞きながら読むのがふさわしい。
(2012.5)

2007/10/08 17:20

投稿元:ブクログ

もし旅行に行って夢にまでみた遺跡や風景がそこになかったとしたら。これはただの夢か道を間違えたか詐欺にあったかそれ以外の理由を探せるまで旅を続けるくらいしかない。そういうのを本当の旅みたい。というようなら。ボクらはかなりの旅ベタだしガイドブックどおりにマークを塗りつぶしていく賢明な優等生である。筋書きがないこと。話があるようでないこと。正解もなく誤答もない。疑いはじめたらキリがない。世の中はミステリーといっても誰も文句は言わない。キミの言っていることは正しい。だがボクの言っていることも間違ってはいない。キミに生じるものは「ためらい」以外にない。ボクにはためらいがないが自信をもっているわけでもない。仕組んだだけ。

2012/07/13 00:07

投稿元:ブクログ

猫の死体から始まる、ある家への訪問のためらい。
そしてパラノイア。

丁寧な文体で繰り返し繰り返し執拗に語られるさまは
うーん、粘着質。

初トューサンだったので「浴室」も読んでみよう。