サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

森のサクランボつみ大会
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1999.2
  • 出版社: 文渓堂
  • サイズ:22cm/60p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-89423-216-2

紙の本

森のサクランボつみ大会 (おはなしスキップ ハリネズミのプルプル)

著者 二宮 由紀子 (作),あべ 弘士 (絵)

【赤い鳥文学賞(第30回)】【赤い鳥さし絵賞(第14回)】ハリネズミがこんなにわすれんぼうだって知ってた? 顔を洗おうと思ったとたん、プルプルは、サクランボつみ大会の特訓...

もっと見る

森のサクランボつみ大会 (おはなしスキップ ハリネズミのプルプル)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

ハリネズミのプルプルセット 3巻セット

  • 税込価格:4,95045pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【赤い鳥文学賞(第30回)】【赤い鳥さし絵賞(第14回)】ハリネズミがこんなにわすれんぼうだって知ってた? 顔を洗おうと思ったとたん、プルプルは、サクランボつみ大会の特訓をするために誘いにきたフルフルがドアの外で待っていることを、すっかり忘れてしまいました…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

二宮 由紀子

略歴
〈二宮由紀子〉1955年大阪府生まれ。京都大学卒業。大学在学中に、第一回星新一ショートショートコンテスト入選。作品に「へびのしっぽ」「クラーク先生」ほかがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

忘れる物語。1999年度、私のナンバー1。

2000/10/02 15:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひこ・田中 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 三部作です。『森のサクランボつみ大会』と、『イチジクの木の下で』と、『キンモクセイをさがしに』。この三作で作者はこれまでになかった、全く新しい世界を作り上げました。それは覚えるのでなく忘れることで進行する物語です。普通、物語は覚えることで成立しています。登場人物たちは様々な出来事を覚え(学習・経験・体験)て物語の中で成長していきますし、読者もまた今まで読んでいたことを覚えているから読み進むめる。
 なのにこのハリネズミたちときたら!
 プルプルの家に友達のフルフルがやってくる。今日は森のサクランボつみ大会に出かける約束をしていたのだ。もちろんプルプルはすっかり忘れている。一方のフルフルが覚えていたのは、手の甲に書いていたからです。で、なんで書くようになったかといえば、自分の誕生日に、みんながパーティーをしてくれるのをすっかり忘れて遊びに行ってしまったことがあるからです。もっとも集まった連中も、なんで集まったかを忘れてしまってフルフル抜きでご馳走をたいらげてしまった・・・。
 さて、プルプルは、それじゃあ、シャワーを浴びてから行くといって、フルフルを待たせたまま、またそのことを忘れてしまう。
 二人は無事にサクランボ大会に行けるのでしょうか?
 『キンモクセイをさがしに』では、ハリネズミの授業風景が描かれます。先生がキンモクセイを教えようと現物を持って現れる。これを見たことがある人! みんなない。よしよし、これから教えるぞ。ところが、そのあと、どこかで見たことがあるといいだす。実は今さっき見ただけなのですが、今さっき見たことを忘れているのです。おかしいなー、知らないはずなのに。と不思議な先生。で、みんなで前に見たというキンモクセイを探しに出かけるのですが・・・。
 といった具合です。
 このとてつもない、三部作。1999年度、私のナンバー1!

児童書・絵本トップページへ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します日本の作品 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。