サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 遙都 渾沌出現 City eternity

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

遙都 渾沌出現 City eternity(TOKUMA NOVELS(トクマノベルズ))
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

遙都 渾沌出現 City eternity (Tokuma novels)

著者 柴田 よしき (著)

京都大災厄は地球壊滅の序曲か?! 海が割れ、山が裂け、邪悪な神々の手先が現れる。竜神から命を授かり生き返った香流は、恋人・君之と共に時空の裂け目の牢獄に封じ込められ…。ス...

もっと見る

遙都 渾沌出現 City eternity (Tokuma novels)

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

京都大災厄は地球壊滅の序曲か?! 海が割れ、山が裂け、邪悪な神々の手先が現れる。竜神から命を授かり生き返った香流は、恋人・君之と共に時空の裂け目の牢獄に封じ込められ…。スペクタクル長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柴田 よしき

略歴
〈柴田よしき〉1959年東京都生まれ。青山学院大学文学部フランス文学科卒業。被服会社、病院、出版社勤務を経て、現在育児の傍ら執筆活動を始める。著書に「炎都」「少女達がいた街」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2008/11/07 20:07

投稿元:ブクログ

炎都シリーズ第3弾。
前2作で闘った人たちがそれぞれに新たな闘いに挑む。
分厚くて上下2段組で結構時間がかかったけど
登場人物はほとんど前作までに出尽くしたようで
始めからスイスイ読めた。

【図書館・初読・11/6読了】

2013/10/28 22:30

投稿元:ブクログ

未曾有の大地震と、人間を喰らう魑魅魍魎の出現で十万人を超える死者を出した京都大災厄。復興の兆しをみたものの、琵琶湖の湖底に発生した巨大ホタルが人々を襲い、京都上空には、太平洋を越えて飛来したテニヤン島が浮遊していた。大災厄に立ち向かい命を落とした地質調査技師の木梨香流は貴船神社の龍神により復活していたが、恋人の真行寺君之と共に時空の牢獄に幽閉されていた。そして更なる災厄が…。
「BOOK」データベース より

ふ、不思議なことになっている・・・
このシリーズの前作を読んだときにはまだ理解というか、想像できる範疇だったのがけっこう想像を超えることになっている.
登場人物が何人もいるのだが、それぞれの物語が細切れに配置されているので、ちょっと読みにくい.

2009/05/01 16:07

投稿元:ブクログ

もうキャラの面白さだけで読むようになってしまいました。(シリーズ三作目)最後に話の収拾つくのかね。これ。日本列島断裂して、消えるアトランティスだかムー大陸だかまで出現。ヤモリの蒼星や十文字さんや珠星のやりとりはくすっと笑えて楽しいのだけど、どんどん話についていけなくなってというか、「ありえへん・・・」の連続。別にありそうな話じゃなくても説得力のある展開ならかまわないのだけど、突っ込みどころ満載なんだよな・・・でも、シリーズ全部借りたし、つづきが気になるので、次も読む。

2016/11/09 08:53

投稿元:ブクログ

途中まで壮大な話にワクワクしながら読んだけれど、後半、ストーリーもごちゃごちゃしてきて、読む方も息切れ。