サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【宅本便】ブックオフキャンペーン2019年 4/9-5/8(期間延長)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

下り“はつかり”(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.3
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/604p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-40302-6
文庫

紙の本

下り“はつかり” (創元推理文庫)

著者 鮎川 哲也 (著),北村 薫 (編)

純真無垢なるものへの哀歌「地虫」を劈頭に、定番の傑作「赤い密室」や、余りにも有名な朗読犯人当てのテキスト「達也が嗤う」、フーダニットの逸品「誰の屍体か」など、多彩な着想と...

もっと見る

下り“はつかり” (創元推理文庫)

税込 1,188 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

純真無垢なるものへの哀歌「地虫」を劈頭に、定番の傑作「赤い密室」や、余りにも有名な朗読犯人当てのテキスト「達也が嗤う」、フーダニットの逸品「誰の屍体か」など、多彩な着想と巧みな語りで魅する十一編を収録。本格ミステリ界の泰山北斗、鮎川哲也の尤なる精粋―当代切っての読み巧者が選ぶ、傑作集成第2巻。【本の内容】

収録作品一覧

地虫 8-53
赤い密室 54-119
碑文谷事件 120-209

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本ミステリ史に燦然と輝く傑作短編が一冊に

2015/08/31 19:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アントネスト - この投稿者のレビュー一覧を見る

「密室もののミステリ短編の傑作を一つ挙げろ」
こう言われて、マニアなら思い浮かべる傑作がいくつかあるでしょう。本書収録の「赤い密室」がその最右翼の一編であることは疑う余地がありません。
同じように鉄道アリバイものの傑作短編は? と聞かれれば「碑文谷事件」を、犯人当てをと問われたなら「達也が嗤う」を、挙げる人が多いのではないでしょうか?
他にも、トリック、ロジック、プロット全てに隙のない「誰の屍体か」、大胆不敵なトリックが秀逸な「暗い河」など、傑作ぞろいの短編集。
ミステリが好きな人なら必読。鮎川哲也を読んだことがない人の、最初の一冊にもお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/30 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/07 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/05 07:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/12 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/07 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/21 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/09 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/12 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/02 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/02 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/11 01:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/30 15:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/05 10:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。