サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

グラン・ギニョール
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.4
  • 出版社: 翔泳社
  • サイズ:20cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88135-729-8
  • 国内送料無料

紙の本

グラン・ギニョール (Shoeisha・mystery)

著者 ジョン・ディクスン・カー (著),白須 清美 (訳),森 英俊 (訳)

衆人環視の密室で発見された首なし死体の謎。完全犯罪に挑むパリ警察の名探偵バンコランの活躍。「不可能犯罪の巨匠」幻の処女作ほか、唯一のショートショート、本邦初訳の短編などを...

もっと見る

グラン・ギニョール (Shoeisha・mystery)

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

衆人環視の密室で発見された首なし死体の謎。完全犯罪に挑むパリ警察の名探偵バンコランの活躍。「不可能犯罪の巨匠」幻の処女作ほか、唯一のショートショート、本邦初訳の短編などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

グラン・ギニョール 5-112
悪魔の銃 113-132
薄闇の女神 133-158

著者紹介

ジョン・ディクスン・カー

略歴
〈カー〉1906〜77年。カーター・ディクスンなど4つの名義を使いわけて、73作の長編ミステリを発表した。代表作に「火刑法廷」「皇帝の嗅ぎ煙草入れ」。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『地上最高のゲーム』は必読です

2003/02/05 21:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

とうていあり得ない、どうしようもないようなミステリもけっこうあるのですが、そんな作品までもが魅力の一つになっている、カルト的な人気のあるミステリ作家、ディクスン・カー。私もそんなファンの一人ですので、本の帯にあるような「幻の傑作」などと見るともう黙っていられません。さっそく購入、読んでみました。
短編4作に、ある本の序文に書いた『地上最高のゲーム』が収録されています。
短編のほうは、それぞれ、長編『夜歩く』の元になった本格ミステリ、ホラー、歴史ロマンス小説、ショートショートのミステリで、カーの特色と嗜好がよく出ているラインナップです。が、4作中3作が学生誌や新聞に発表されて以来、再録されたことがなかった作品とのことなので「幻」というのはわかりますが、「傑作」かということになると、う〜ん…。「傑作」と期待せずに、「カーのもっとも早い時期の珍しい作品」として読んだほうがいいでしょう。
本書での一番の読みどころは、『地上最高のゲーム』のほうでしょう。これはカーが編纂した『十大傑作探偵長編』の序文のために書かれたエッセイなのですが、この本は結局出版されないまま、序文のほうもずっと陽の目を見なかったのだそうです。もちろんこの『地上最高のゲーム』というのは読者にフェアな本格ミステリのこと。十傑に選ばれるはずだったミステリとその作家のこと、ミステリ全般のこと、ノックスの十則ならぬカーの四則など、カーのミステリに対する姿勢や思い入れ、熱意がビンビンと伝わってきます。カーのファンならずとも必読です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/30 01:08

投稿元:ブクログ

読んだことあるっけ?というくらい
既視感のある表題作。
当時は革新的だったのかもしれないが……そうでもないか。
おどろおどろしいいやーな雰囲気はカーならでは。
容疑者全員を椅子に縛り付けて猿轡を噛ませる奇人探偵。
皆素直だなー。

2012/07/15 22:29

投稿元:ブクログ

デビュー作「夜歩く」の原型となった傑作中篇「グラン・ギニョール」が初出誌から70年ぶりに発掘されました。
美しい女性との結婚を間近に控えたサリニー公爵に届けられた1通の殺人予告。
そして、婚礼の夜、華やかなカジノの一室で無惨にも首を切断された公爵の死体が発見されます。
怪事件に挑むのはパリ警察の名探偵バンコランです。
戦慄の怪奇譚「悪魔の銃」他、本邦初訳の短編全3編とエッセイ「地上最高のゲーム」が収録されています。
大変に豪華です。

2009/11/15 13:50

投稿元:ブクログ

『グランギニョール』

『悪魔の銃』

『薄闇の女神』

『地上最高のゲーム』
エッセイ

 2002年1月20日購入

 2002年3月2日読了

2012/03/14 18:33

投稿元:ブクログ

「不可能犯罪の巨匠」ジョン・ディクスン・カー。デビュー作「夜歩く」は有名(らしい)が、こちらの表題作はその原型となったもの。パリでかつて興行のあった、残酷劇に題を取っている。パリのカジノである晩、衆人環視の密室で起こった首切り殺人。一見不可能に思われるこの犯罪の謎に立ち向かうパリ警視庁のバンコラン警部…という、旧き良きミステリー。小学生の頃読んでいた、いわゆる“推理小説”を思い出した。

短編集で、表題作他3篇。が、表題作以外で一番面白く読んだのは、カーによるミステリー論とも言うべきエッセイ「地上最高のゲーム」。書かれたのは今世紀前半のことなので当然時代は感じるのだが、それはそれで、自分のようなミステリ初級者には手引きとしても面白く読めた。

2012/04/16 22:53

投稿元:ブクログ

「曲がった蝶番」が割と面白かったので、読んでみようと思って読む。

表題作「グラン・ギニョール」、緻密さこそ欠けるけれども勢いあるちょっとグロテスクな作品だったものの、私は結構好きだった。

一番最後にあった探偵小説についてのエッセイも興味深かったなぁ。

2016/02/03 19:01

投稿元:ブクログ

デビュー作『夜歩く』の原型となった中編。『夜歩く』は未読。
100ページほどの短さながら、読み応えのある、内容の濃い作品。この解決シーンは印象深い。
そして何より、海外ミステリに関するエッセイ「地上最高のゲーム」が素晴らしい。
海外ミステリのガイドブックとして、自分が求めていた内容。ここで紹介されている作品を読み進めていきたい。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む