サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.4
  • 出版社: 童話屋
  • サイズ:16cm/155p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88747-005-3

紙の本

貘さんがゆく

著者 茨木 のり子 (著)

貧しさに屈伏することなく「精神の貴族」を貫いた山之口貘の詩と生涯をまとめる。1967年さ・え・ら書房刊「うたの心に生きた人々」を4分割し、再編集した新版。【「TRC MA...

もっと見る

貘さんがゆく

税込 1,375 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

貧しさに屈伏することなく「精神の貴族」を貫いた山之口貘の詩と生涯をまとめる。1967年さ・え・ら書房刊「うたの心に生きた人々」を4分割し、再編集した新版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

茨木 のり子

略歴
〈茨木のり子〉1926年大阪市生まれ。詩人。結婚前後の48年頃から詩作を始め53年「櫂」を創刊。著書に「一本の茎の上に」「おんなのことば」「りゅうりぇんの物語」ほかがある。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

詩人のこころ

2022/06/24 04:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:***** - この投稿者のレビュー一覧を見る

私自身は極めて散文的な人間で、詩は読んでいても恥ずかしくなりがちなのですが、茨木のり子さんはそんなことがない詩人のお一人。彼女が沖縄出身の詩人の評伝を書いていると知ってさっそく注文しました。
沖縄差別が今よりもっと激しかった時代に、生活を立てることにあえぎながら、というよりもなんだか詩のように飄々と「底辺」を生きていった獏さんを感じました。素晴らしい連れ合いと出会い、貧乏自慢的にしろ社会的にも認められ、詩をこころの中心に置いて生きていけたのは、やはり獏さんの志の咲かせた花というものでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

貘さんを知るために最適

2023/06/02 18:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

山之口貘という人を知るために最適だと思う。
同じ詩人である茨木のり子さんの目から見た貘さんについてつづってあり、貘さんが生きた時代や人となり、作品に込められた意味などが、この一冊で少し分かった気がする。
茨木さんの言葉を借りれば、「精神の貴族」「現代の魔法」のような人だったという。会ってみたかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

貘さん

2019/01/15 02:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういった、言葉をつむぐ同士じゃないとわかりあえない部分も多いのかなあと思います。評伝としてはどうなんだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。