サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 225件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.4
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/698p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-41403-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

双頭の悪魔 (創元推理文庫 江神シリーズ)

著者 有栖川 有栖 (著)

四国山中に孤立する芸術家の村へ行ったまま戻らないマリア。英都大学推理研の一行は大雨のなか村への潜入を図るが、ほどなく橋が濁流に呑まれて交通が途絶。川の両側に分断された江神...

もっと見る

双頭の悪魔 (創元推理文庫 江神シリーズ)

税込 1,144 10pt

双頭の悪魔

税込 880 8pt

双頭の悪魔

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 8.2MB
Android EPUB 8.2MB
Win EPUB 8.2MB
Mac EPUB 8.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

四国山中に孤立する芸術家の村へ行ったまま戻らないマリア。英都大学推理研の一行は大雨のなか村への潜入を図るが、ほどなく橋が濁流に呑まれて交通が途絶。川の両側に分断された江神・マリアと、望月・織田・アリス――双方が殺人事件に巻き込まれ、各各の真相究明が始まる。読者への挑戦が三度添えられた、犯人当ての限界に挑む大作。

*第6位『このミステリーがすごい!'93』国内編
*第8位『もっとすごい!!このミステリーがすごい!』1988-2008年版ベスト・オブ・ベスト国内編【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー225件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

江神さんの過去が知りたいっ!

2002/03/18 00:44

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Hiro - この投稿者のレビュー一覧を見る

 江神&アリスシリーズ第3弾。700P近くある長編を読みきったのは久し振りかもしれない。四国の山奥の村が舞台。四国は行ったことはないのだけれど、これを読んで行きたくなってしまった。フーダニット物で『読者への挑戦』が3回出てくるけど、1回しか当てられなかった。探偵役の江神さんの過去が少しずつ明らかになって来たので、早く次の作品が読みたい。全部で5部作になるそうだから、あと2作で全て明らかになるのかな? それとも謎を残したまま終わるのかな? いずれにしろ楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

文句なしの名作ミステリ

2017/10/07 13:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kn - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終えた今も木更村の住人達が自分の中で生きています。700頁近い中で読者への挑戦は3回!この挑戦状で現実に戻る瞬間が、もどかしいけどたまらなく好きです。落橋で分断された双方の村で起こった事件。マリア側のまっすぐな視点と、アリス側の熱い推理大会との違いがよかったです。江神さんの過去、犯人との長い対峙……物語としてもミステリとしても名作でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

傑作!

2016/01/24 19:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヴァン - この投稿者のレビュー一覧を見る

名探偵江神二郎シリーズ3作目。
有栖川氏と言えば火村英生を名探偵とする
いわゆる作家アリスシリーズも有名だが、
デビュー作月光ゲームに始まるこの学生アリスシリーズも傑作である。

川を挟んで2つの村で起こった殺人。
2つの事件の関連性は?アリスたちの運命は?
3度にわたる読者への挑戦状にわくわくすることでしょう。
あとがきでもあるように前作「孤島パズル」を先に読んでおくと
マリアたちの心情が理解できておもしろいかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぐっと深くなった

2014/06/25 08:35

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ3作品目にして、グッと面白みが増しました。見事にロジカルに解明される殺人事件は変わらずなのですが、信長さん、モチさんにも出番が増えて、ストーリーに深みが増した感じです。できれば月光ゲーム、孤島パズルと読んでからのほうが楽しめると思います。ただ、個人的に残念なのは、マリアが傷を癒すのに逃げ込んだ先は、アリスや江川さんではなかったこと・・・(友達の看護師さんが意味深な一言いってますが)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かなりのボリューム

2001/06/14 09:28

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まちゅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私が有栖川氏の作品に出会ったのはこの「双頭の悪魔」であり、謎を解く快感を覚えたのもこの作品からである。
 作品の中に何度か著者からの挑戦状が叩きつけられる。やはり謎は自分で解き明かしたいと前のページに戻って推理をしてしまう。それだけにボリュームにボリュームが重なってそうとうな活字を楽しめる。以前に増して活字中毒と夜更かしによるお肌の荒れがひどくなった一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっと甘酸っぱい感じもする。

2001/06/21 19:40

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おみおつけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 某大学のミステリー研究会のメンバーが繰り広げる『陸の孤島』殺人劇第3弾。ミス研の紅一点マリアが、四国山中にある芸術家だけが住むという村から帰ってこない。マリアの父に懇願されたメンバーの男4人が救出に向かうというのがはじまり。
 マリアと、主人公アリスの二つの視点によって世界が描かれることから、一方の行動の間もう一方はこんなことをしていた、というザッピング感覚で物語は進んでいく。
 もう一人の主人公であり「推理する人」江神、ただ一人がマリアと再会を果たしたその夜、ある一人が大鍾乳洞の奥で殺されているのが発見される。時期を同じくして川を挟んだ隣村でも殺人事件が発生。
 当然その二つの事件には関連性があるはずだが、村をつなげるはずの橋は鉄砲水によって流されていた。
 作者がシリーズ前2作においても用いた「ほぼ」陸の孤島もしくは雪の山荘スタイルであり、もしかしたら隠れ通路が?などと考えさせてしまうあたりが妙味のあるところではないだろうか。自然を背景にしたことで、真犯人を推理することが非常に難しくなっていることは、我々読者にとっても非常に喜ばしいこと。
 まあまあの本格派であると思うので、是非著者からの挑戦状を読んでみることをお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

早くシリーズ続刊が読みたい!

2002/07/29 00:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

学生アリスシリーズ3作目。なんとマリアが家出!
直接のかかわりはないのですが、出来ればこの作品は
前作の「孤島パズル」を読んでからの方が楽しめます。

ある事件で心に深い傷を追った、マリアはしばらく旅に出たいと
両親に言い残して、一人旅に出ます。旅に出た事で明るさを
取り戻したように見えたマリアは、旧友にあうために訪れた
四国の山奥の村で、怪我を負い、芸術家村と呼ばれる地域に
しばらく滞在する事になったという連絡を最後に両親と直接
接触する事をさけるようになります。マリアの身を案じた両親からの
依頼で、英都大学推理小説研究会の面々は、いざ、マリアの救出に!
外部との接触をさける芸術家村の人びとは、アリスたちをも
マリアに会わせようとしない。そこでアリスたちは強行突破を
はかり、見事江神先輩はマリアと接触する事が出来る。明日は
いよいよマリアとアリスの再会!と言う時に、外界との唯一の
掛け橋である、橋が大雨で流され、芸術家村は孤立状態に。
そこで起こる連続殺人事件。そして同じ頃、なぜかアリスたちが
滞在する、山奥の平和な村でも殺人事件が…。連絡不能状態の
離れた場所で起きた殺人事件の関連は?

この作品は、学生アリスシリーズの中ではかなり重要な作品です。
孤立した状況の村の中で、江神先輩の隠された過去が語られますから…。
本当に読んでいて胸が痛くなるような哀しい過去なのです。
ファンならずとも、「江神先輩がんばって!」と
言いたくなる気がします。(ファンだけかな(^^;)?)
また作品中のマリアの回想シーンの中にも、「学生アリス」と
「作家アリス」の関係を表す重要なシーンが…。
あとがきの中でも語られていますが、この作品の中の登場人物が
「作家アリス」シリーズの探偵役である、火村センセイの
原形にもなっています。この作品は、有栖川作品の中でも
色々な意味でとても重要な作品だと思います。
しかし5部作になると予告されている、「学生アリス」シリーズ
早く続きが読みたいよぉ〜!!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あなたは挑戦受けますか?

2001/03/31 11:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:春を愛する人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 作中大胆にも3度にわたり読者への挑戦をはさみ、そうして恥じないだけの優れた結構をもったパズラー作品です。
 それだけに前半部をもっと削れなかったかと悔やまれます(この点を解説の方もやんわりとですが非難されています)。700ページもあっては、挑戦を受けても容易に読み返せるものではありません。目を皿のようにした注意力が到底続くものでもありません。それに、それは殺人もいまだ発生していない、単なる登場人物の紹介シーンとしか考えられず、探偵としてのテンションがあがるはずもないです。そんなとこに山のように伏線張ってあったとしたら、あとで激怒するとこです。結局、挑戦が飾りにすぎないのが残念です。
 思うに、著者はトリックやロジックがなくても文章が書けるのですが、良いアイデアが浮かんでしまったがために、書きすぎて原液を薄めすぎてしまったようです。どうせなら最後まで本格に徹してほしかったところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

純粋な推理小説

2017/01/31 18:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kissho - この投稿者のレビュー一覧を見る

江神の言う「全体の構図」は少し説得性に欠ける気がしますし、橋の落ちた川の向こうとこちらで起きた殺人事件の真相もそれ程の意外性はありませんでしたが、長い作品を少しも飽きることなく面白く読めました。特に、望月、織田、アリスの掛け合いが楽しくて何度も笑わされる程。さっそく彼らのファンになりました。彼らが登場する他の作品も是非読んでみたいと思います。全体として、ほとんど純粋な推理小説と言える作品でしょう。どうでも良いことですが、作中で警部と警部補の使用が混乱しているのが気になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ユートピアは殺人の香り

2015/08/22 16:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:翠香 - この投稿者のレビュー一覧を見る

学生アリスシリーズ第3弾。今回もクローズド・サークルものです。
クローズド・サークルの内と外で共に殺人事件が起き、推理研のメンバーが二手に分かれてしまいます。
神のごとき名推理をする江神さんはもちろんカッコいいですが、
アリス達3人が推理合戦をしながら真相に迫っていく様子は楽しかった。
木更村に強行突入するシーンは笑った。
「読者への挑戦」が三回も挿入されているので、推理をしたい人にはお得です(笑)
本作の登場人物の一人が火村のモデルだと知り、感慨深かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本格の真髄ここにあり!

2000/12/27 00:34

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キャビン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本格推理小説の醍醐味とは、難解なトリックを解き犯人を指摘することにある。
 作者が知恵を絞って出してきた問題を、読者が知恵を絞って解明する。紙上においての、作者と読者のガチンコ勝負と言っても過言ではないだろう。
 この作品はまさに上記の通りである。三度も入れられた、『読者への挑戦状』は、作者のプライドと作品に対する意気込みを、存分に感じることができた。
 また、青春がBGM的な要素で使われ、それによって実にスムーズな物語展開を見せていることも、必見であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なるほど「双頭の悪魔」だ!…(読んでる途中に思った言葉)

2000/09/12 00:33

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:村野松子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

山奥の村。
謎の集団。
外界との完全なる遮断=密室っ!!
これはミステリファンにとって燃える(萌える?)展開だと思いました。
(私だけかもしれませんが。)

本書は前作の『孤島パズル』の続き、という感じなので、
前作を読んだ人は、二重に楽しめると思います。
マリアとアリス、双方の視点で話が進み、ページ数も700ページ近くという、なかなかの大作で読みごたえ十分だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

久々に

2016/01/10 15:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PPM - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々に有栖川有栖さんの作品を読みました。
昔何冊か読んだ折、面白いと思うものがちらほらあったので期待して読みましたが、今回は普通でした。これもシリーズものらしいので、1巻目のほうが面白いのかもしれません。
探してみようかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/14 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。